読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学ならバギオの格安校 MONOL公式ブログ

フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOLの公式ブログです。現地スタッフがMONOLの日々をご紹介!

フィリピン留学 ビザ無しで入国からのビザ延長

お役立ち情報

「授業中心・スパルタ」

こんにちは。

バギオのモノル語学院です。

今回、フィリピンのビザに関してご説明しようかと思います。

日本のパスポートをお持ちの方は、

フィリピン入国時、ツーリスト(観光)ビザで30日まで滞在が許されます。

実際のスタンプをお見せしますね。

写真を見てみると

2015年1月10日にフィリピンに到着しました。

Stay Untilという赤い文字の上を見ると、

「FEB 09 2015」と見えますね。

2月9日まではフィリピンにビザなしでいれるということです。

きっかり30日ですね!

右側のページが59日間の滞在許可であるビザです。

30日以上の滞在が決定している場合、

出国前に、在日フィリピン大使館にて59日ビザの申請ができます。

フィリピンに入国後も近くの移民局へ行き、延長することができます。

留学の際には、語学学校がビザの延長を代行いたします。

あらかじめ大使館で申請する際は、

当然ですが、パスポート、往復航空券(30日以上)、

30日以上滞在する証明(ホテルのバウチャー、期間が書かれた学校の入学許可証等)を

もっていかなければなりません。

フィリピンに30日以上滞在する際の詳細↓

http://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/visa-free-entry-for-temporary-visits/

このステッカーはフィリピン入国後

30日以上59日まで滞在のビザ承認後、追加で滞在する際の延長ビザです。

ステッカーのところにMONOLの文字が見えますよね。

これは、MONOLでSSP(学生滞在許可証)の発給を受け、

ビザの延長をした証明です。

写真を見ると、2014年の11月15日に入国し、

2014年12月15日までノービザ滞在し、

1回目の延長(Waiverとよも呼びます)をし、2015年1月13日までとなりました。

その後もう1度延長をし、2015年2月13日まで滞在が可能となっています。

小さくitemのところを見ると、ACRと書いてありますよね。

外国人登録証のことを指します。

8週以上滞在する外国人を対象とし、

2回目のビザの延長の際に追加で費用を出さなければなりません。

ACR I-CARD (ALIEN CERTIFICATE OF REGISTRATION IDENTITY CARD) の略です。

ACR I-Cardの発給を受けると、最大で1年

ビザを延長しながら、フィリピンに滞在することができます。

モノル語学院ビザ延長費は以下の通りです。

http://monoljp.com/admission/fees/fees-paid-in-the-philippines/

初回延長以降は、最大2か月ずつを1度に延長が可能です。

16週の留学の場合は、

初回延長費用3430ペソを納付し、2回目は2か月分1度に6000ペソを出すと、

1か月ずつ4700ペソ、2730ペソと払うより、少し安く延長できます。

ご参照ください~