【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

初シティ

先週の土曜日に初めてシティに行きました!

シティまでの距離はタクシーで15分ほどで、

タクシー料金はなんと80ペソでした!

円に換算すると240円!!驚きの安さです!

売店に売っているお菓子や飲み物は円高ということもあって

日本とさほど変わらない値段ですが、

タクシー代は格安なので気軽に乗れちゃいます!

私がタクシー代の安さに驚いていたら

ルームメイトが、

韓国はタクシー代がもっと高いと教えてくれました。

が、、、日本はもっともっと高いんだと教えると驚いていました(笑)

街に近づくにつれ、道が少しずつ混み始め、

信号で停まっていた時に赤ちゃんを抱いている女性が近づいてきました。

バギオは、マニラやセブに比べると、

物乞いはほとんどいないと聞いていましたが、

ところどころで見受けられました。

この日はお昼をルームティーチャーのおすすめのレストランで食べました。

すごく綺麗でスタッフもきちんと指導されており、

落ち着いて食事が出来ました。

バギオでは高めのレストランでしたが、

とんかつのようなメインディッシュとご飯とスープ、

ちょっとした野菜の盛り合わせが650円ほどで、

ストロベリーシェイクが240円ほどでした。

その後バギオで一番大きいショッピングモール、

SMモールに連れていってもらいました。

SMモールにはいろいろなお店が入っており、映画館もありました。

モール内のお店で、日本の食品を見つけました!

バギオでは、カップヌードルや焼きそばなど日本ブランドの食べ物はありますが、

加工されていて、ただでさえ不健康なカップ麺が、

更に体に悪そうな見た目で売られているので

試す気にもならなかったのですが、

そこには日本と同じ商品が並べられていたので興奮してしまいました。

柿の種やぽたぽた焼き、サッポロ一番や焼きそば、カルピスなどが並んでいました。

しかし値段は日本の3倍ほどで、、やはり高かったです。

まだ、私の滞在期間は1週間なので

日本食が恋しくなることはありませんが、、

いざとなったら3倍の値段でも購入してしまいそうです。