フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

スピーキング教材解説

Above and Beyond Learning English

こんにちは。バギオのモノールです。

フィリピン留学へ行く理由のひとつは、

多くの時間をマンツーマン授業に費やすことで、

英語の実力を伸ばせるからではないでしょうか?

しかし、マンツーマン授業だけを多く取るのが

絶対に良い学習とは言えません。

グループの授業もマンツーマンと同様に、とても大切です。

ですので、ほとんどの学校がグループ授業とマンツーマン授業を同時に行なっています。

これは、マンツーマン授業、グループ授業ともに、

それぞれの役割と目的が違い、それぞれが必要だからです。

前にもお話したように、

語学留学には教師の能力も大切ですが、

グループ授業のなかでは、クラスメイトのレベルも重要です。

いつもモノールでは、スピーキングのクラスメートを決める際、

スピーキングテストの点数を見て、点数の差があまりない、

つまり、ほとんど同じ実力を持つ学生を集めています。

なので、クラスのなかで、学生たちがあまりレベルの差を感じることがなく、

「あの人上手いから、私恥ずかしくて喋れない~」

といったように落ち込んだり、諦めてしまうことは絶対にありません。

話が少し長くなりましたが、

れから本格的にモノールのスピーキング授業の構成について、ご説明します。

毎日決められたテーマがあります。

どんなテーマで話すかは、事前に分かるので、

先に話す内容を準備することができます。

Life Activitiesに関して、

世界で一番変わった趣味を持つ人に関して、

なにを話しても構いませんし、

ご自身の趣味や生活に関して話しても大丈夫です。

テーマに関する話をする上で、

有効的な単語とパターン、語彙などがテキストにまとまっています。

パターン活用、つまり文法ですね。

出てくる文法に合わせて、写真を描写したり、

たまにシチュエーションも出てきます。

Audio Scriptというのは、

自習時間にシャドウリーディングをするように

簡単なスクリプトとオーディオファイルを指します。

(音声を使ったトピックの学習)

独自の教材を使うことで、

授業後もこのように、その日に学んだ内容に関連した復習が可能なのが

ここモノールです。

当日学んだ内容は、当日のうちに消化する。

じゃないと消化不良で苦労します^^;;

もう1点加えると、

同じテーマでクラスメートと意見交換をして、

意見が衝突したりする時は、

感情的になりすぎないよう、お互いの話を聞いて、

アドバイスをし提案をしながら、

全員が合意点に到達するのもグループ授業だと思います。

文法に合ったスピーキングだけではなく、

会話の方法、相手へのマナーも学びましょう^^

いつもはすごくたくさん喋るのに、

質問されると話せない人、

同じ国の人がいる中では恥ずかしくて英語で喋れない人、

先生だけと英語で話したい人など、

理由は様々ですが、英語を話すことをためらう人もいます。

でも、そのままでは英語の実力は伸びません。

ですので、無理やりでも話すよう、

グループスピーキングの授業は必要だと思います。