【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

留学前に準備するもの、フィリピンで買えるもの

「授業中心・スパルタ」

こんにちは。バギオモノール語学院です。

先だって、フィリピンでのお金の管理について説明した記事がありますが、

もちろんほとんどがお金で解決できます。

ただ、家にもあるのにフィリピンでまた新しいものを買い揃えるのはなんだかもったいないですよね。

持ってこれるならそのほうがいいです。

当然のことながら、個人的なもの、

衣類や常備薬、ノートPCなどの電子機器は取りそろえるかと思います。

そのほかに私がおすすめするのは、

スリッパ、折り畳み傘、タンブラー、メガネ、電子辞書です。

あとタオルをいっぱい!

留学がここバギオなら長袖の上着は必須!

この頃多くの学生が、スマートフォンを使うので、

mp3や電子辞書はもってこない傾向にあります。

ですが、電子辞書があるなら持ってきたほうがいいです。

スマホだと、調べているうちにラインみたり写真みたり。。

細かく言えば、勉強するので、筆記用具、文房具、ノート、手帳、ポストイットなど。

留学に行くからと言って、新しく買い揃える必要はありません。

ペンは、黒赤青で十分かと。消しゴムも。

単語帳もあるといいですね!

以上が必ず準備してほしいものです。

文房具や生活用品はやはり日本製のものがベストですよ~

ただ学校に到着して必要なものがあれば、

現地で調達が可能です。

現地で必ず購入するのは~。。

除湿剤。

寮ごとに除湿機があるのですが、

たんすの奥や引き出しの中に入れておけば、カビのにおいがなくなります。

南京錠。

あるにこしたことはないですね。

引き出しやスーツケースにつけたり。

ひとつ50-100ペソ(150-300円)ほど。大きくて重いものは300ペソ(900ペソ)にもなります。

よく「豚の鼻」と呼ばれるアダプター。

韓国のコンセントの型です。韓国人学生は必須ですね。

電圧は違うものの、日本のコンセントとフィリピンのコンセントの型は一緒です。

お使いのものが、100-220までの世界基準のものかお確かめください。

たこ足

使わないときは抜くかして、節電しましょう。

フィリピンの電気代高いです。

それでもバギオではエアコンを使わないので安いのですが。

個人的な消耗品は学校から支給されません。。

個人で購入し使います。

シャンプー、リンス、石鹸、歯磨き粉、洗顔など

こちらでも買えますが、日本でそろえてくることをお勧めします。

トイレットペーパーはこちらでまとめ買いしましょう。

現地のスーパーで買えます。

12ロールで150ペソほどか、安いものだとそれ以下。

スリッパや傘も持ってこなくても安く買えます。

ビーサンは100ペソほどで買えます。(300円くらい)

傘は意外と高くて、脆いので、日本から持ってくることをおすすめします。

取りそろえてくるばかりで荷物になる~

日本製品

お菓子やカップ麺、飲み物など

学校で3食でるので、問題はないんですが、

軽食や夜食で必要なら現地のスーパーや学校のすぐそばで買えます。

荷物があまりにも多くなってしまうようであれば

現地で必要な時に揃えるのも手です。