読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

フィリピン家族留学、バギオ・MONOLのススメ

格安費用で英語力アップはもちろん、滞在先まで含まれているメリットのフィリピン留学は

ここ数年で多くの日本人から親しまれ、認知度ともに、ワーホリや2か国留学前には必須といってもいいほどの地位を確立しています。

 

ともなって、主にセブ島ではジュニアキャンプも盛んになっています。

 

「夏休みを使ってなにか子供のためになるような過ごし方をさせたい!」

幼いお子さんをお持ちの保護者様なら幼いうちから留学で英語に触れさせたいと思うのは当然のことです。

ただ、幼いお子さんだけ海外に行かせるなんて、ご両親からすればもってのほかですよね。
滞在先の環境はどうなのか、子供ひとりで本当に大丈夫だろうか、

ご両親がいなくて不安な思いをしないだろうか、お金の管理はどうするのか…

 

そんな保護者様のために、フィリピン家族留学の準備を現在急ピッチで進めているMONOLから、とびっきりのフィリピン家族留学をおすすめいたします。

 

f:id:monol-baguio:20170224144451j:plain

 

「子供だけのジュニアキャンプは心配…」 家族留学なら!


1.出国から帰国までご両親とお子さんが一緒にいれば、子供からすれば「フィリピン留学=英語学習」ではなく、家族旅行だと感じます。

保護者様がいれば、環境の変化にストレスなく、心理的にも安定し、素早い適応と高い学習効果を生み出すことができます。

 

2.フィリピン留学では、英語学習だけでなく、多様なアクティビティを通じて家族の思い出や経験値を積むことができます。

 

3.ご両親も英語学習とリフレッシュの時間を持つことができます。

 

4.フィリピン家族留学の場合、ジュニアキャンプに比べてコストパフォーマンスに優れています。


もちろん、フィリピンという国ですから、慎重にならざるを得ません。

お子さんにとって最も良い選択をするためのポイントをご紹介します。

 

1.地域選びと治安について

家族留学をする場合、留学先の治安や環境を必ずチェックしましょう。
お子さんを連れて行く上で何より安全を最優先しなければなりません。

実際に留学を決めても、フィリピン国内で起こる事件やテロのニュースが耳に入れば不安でしかありません。

しかし、きちんと調べ、きちんと選べば、フィリピンという国でも安全に留学ができます。

観光客が溢れかえる主要都市より、教育都市を選択しましょう。

同時に病院などのインフラが揃った所でなければなりません。

バギオはフィリピン大学を含め数多くの大学がある最大の教育都市で知られています。

海抜1500メートルに位置しており、熱帯地域のフィリピンでも1年中日本の秋の気候を満喫することができます。

このような気候の影響もあり、他の地域と比べてバギオの人々は富裕層が多く、民度が高いことで知られます。

特にアメリカ宣教師の影響で人口の50%以上が学生の学生都市です。バギオ市民全体の識字率・英語力も他の地域に比べ優秀です。

したがって、バギオ地域に滞在すると、どのようなところでも英語対応が可能であるため、留学で学んだ内容を外出した時にも活用することができます。
古くにアメリカ人の保養地として計画・発展してきたバギオは山岳地にもかかわらず、各種インフラもよく揃っていて、様々な公園や緑が位置しています。

フィリピンで唯一カジノが許可されていない都市であり、子供に害のある遊興施設が少ないため、治安が良いのが特徴です。

f:id:monol-baguio:20170224143646j:plain

 

2.英語学習方法について

 

詰め込み教育をしたからといって、短期間のフィリピン留学で格段に英語力が上がるといった無理な期待は禁物です。

日本の英語学習のような暗記学習はむしろお子さんには悪影響になりかねません。
 

したがって、まずは英語を使い、その勉強に慣れるようにしなければなりません。

「英語の勉強は面白い」「英語を喋ることは面白い」ということを感じた時に初めて

日本に帰っても英語への関心を持続的にもつことができるようになります。

英語をひとつの言語として身につけること重きを置いています。
そのためには英語学習に対する正しいシステムやメソッドのある語学学校を選びましょう。

f:id:monol-baguio:20170224144521j:plain

 

3.アクティビティについて


平日はしっかり英語に触れて、週末は家族と共にフィリピンでの思い出も!
週末にはフィリピンでできる体験学習や旅行を通じて、お子さんに様々な経験を!

旅行に行きたいけど、移動するにしても現実的には外国に旅行するのと同じであるため、

計画を立てようとも時間も手間もかかります。

滞在先の学校が旅行に必要なことを手伝ってくれたら楽に楽しめますよね!

MONOLでは週末スクールトリップを学校が主催してくれるので、参加するだけ!

週末の過ごし方もしっかり整えられた学校選びも重要なポイントです^^ 

f:id:monol-baguio:20170224144625j:plain

4.授業と授業以外の時間の管理

 

英語学習以外の時間で家事やお子さんのお世話に時間を割くのは大変なことです。
家族留学を通じて、ご両親勉強をされるのと同時に、授業以外でなにができるか考えてみましょう。

Monol留学では、忙しい家事から解放されて、ヨガやゴルフといった趣味を楽しんだり、

ショッピングやマッサージを放課後に楽しめるメリットがあります。
一方、自由に外出ができるといっても、学校では分単位でみなさんの外出が記録され、

門限もきっちり設定されています。

平日には学生全員が21時までに学校に戻り、翌日に備える体制と環境が整っています。

メリハリのある生活こそが英語学習と同時にリフレッシュを可能としています。

 

f:id:monol-baguio:20170224144715j:plain

5.未就学児童ケアサービス


1番下の子が幼くて、上の子の留学が難しい…?

小学生のお子さんとご両親が授業を受ける間、未就学のお子さんは学校内の施設で楽しく過ごせるようなサービスを提供している学校であれば、家族全員で留学に行っても大きな問題は起こらないでしょう。

忘れてはいけないのが、すべての施設が学校内に完しているということです。
外部にお子さんだけを残して授業を受けることになれば、心配で英語学習になりません。
幼い大切なお子様をしっかり信じることのできる場所とサービスがあるのかを事前に確認しましょう。

f:id:monol-baguio:20170224144730j:plain

 

様々な体験やアクティビティと、英語力が同時に獲得できるバギオ・MONOLの家族留学のススメ!
MONOLでは、マンツーマン授業のほか、無料の選択授業で授業数も調整でき、

ご両親が必要のないマンツーマン授業をお子さんに譲渡することもできます。

必要に応じて、授業構成を変更でき、オリジナル教材を使用した体系的な授業進行が可能です。

ゴルフやヨガ、ダイエットボクシングのようなスポーツレッスンも無料で受けることができ、
必要であればゴルフのラウンドやスパの予約代行、バギオ市内循環シャトルサービスを利用して安全で便利な外出ができます。

また、週末旅行は参加する家族がひとつでも行い、移動手段や引率者と共に楽に安全な旅行ができます。
アジアからの様々な家族たちとの関係を通じて、お互いの家族文化を間接的にでも知ることができ、

家族留学以後に持続的な交流を通じてお互いの国を旅行するきっかけになったりと

多国籍学校のMonolだからこその家族留学!

バギオで24時間警備体制の安全な寮一体型Monolでメリットだらけの貴重なフィリピン家族留学をご検討ください。