読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Dylan】MONOLの食事について

今日は、MONOLでの食事についてお話できればと思います。

個人的には、勉強する以外で最も重要なのが食事かな~と思います。

遠く離れた異国で、1日中勉強ばかりしなければいけないので、

たくさん食べないと、勉強をする体力がもちません。

学校ですからおいしくはなくても、食事ができなくて、海外で病気になると本当に悲しいんです。

.

とにかく、私はMONOLの食事については非常に満足しているということです!

その理由は何より、おかずの種類が多くて

果物や野菜、肉や魚が毎食ごとに出るので

栄養面には気を付けられています。

まず、サラダバーが用意されていて、葉っぱ類、にんじん、トマト、たまねぎ、パプリカ等々

いろいろな野菜が毎食用意されています。

これとは別にお肉類はいつも豚肉で作ったおかず1種類、

鶏肉で作ったおかず1つ、魚で作った揚げもののようなもの1つ

こんなに毎食、種類別におかずが用意されているんです。

そして果物もすいか、りんご、バナナ、パパイヤなど食事ごとに生のフルーツが出るんです~

最後に、パンとピーナッツクリームが用意されていて、コーヒーも提供されています。

実は、毎食、肉、果物、野菜などを種類別で食べることができているので、

MONOLに来て、だいぶ健康的になった感じです。

私がMONOLの予算関係を知っているわけではないですが、

個人的な推測では、食事に関して、お金を借しまず予算を組んでいると感じます。

ここでまた例のごとく、以前にいた学校と比較すると、

前の学校では、まずバイキング形式じゃないんです。

メイン料理は、一定だけ盛りつけてくれるシステムでした。

私自身結構食べるので、最初にすずめの涙ほどをもらって、

そのあと…「more more more」

三度は言っていました。スタッフの人に嫌われていたと思います。

そして、フィリピンは熱帯地方なので、果物を学校で食べられると思っていましたが、

本当に一切れしかもらえませんでした。

りんご8分の1くらい。

moreと言っても却下です。

そして果物も正直まずくて、おいしいのはすべて外国に売って残ったものが提供されている、

あの時は本気でそう思ったんです。

とにかく、MONOLでは、肉でも果物でもほしいだけ自由に食べることができるし

果物も甘くておいしいです。

なので、私はMONOLのメニューについては 'Two thumbs up'です。

あまりほめてばかりいると回し者に思われるので、短所も少しだけ。

私の場合は好き嫌いが無いので、毎食たくさんの種類をおいしく食べていますが、

一部の幼い学生たちは、「飽きた~」と口にします。

どうしてもMONOLは多国籍なので、自分の国の料理を期待するのは間違いですね。

韓国人用に辛くすれば日本人学生が食べられなくなり、

日本人学生用に辛くしなければ韓国人学生は不味いと感じ…これは仕方ないです。

「国籍割合が良い」というのが、こんな部分では短所になるなんて。

まぁ、食事を気にされる方はMONOLなら大丈夫だと思いますよ。

最後に、この間新しいジュースマシンが導入されました!

ぜひ、みなさんMONOLで健康的な勉強生活を~~~~