読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学ならバギオの格安校 MONOL公式ブログ

フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOLの公式ブログです。現地スタッフがMONOLの日々をご紹介!

【Sook】Monolのペナルティ制度

留学体験談

すべてはみんなの笑顔が見たいから!みんなのピザパーティーのために!

オリエンテーション時に配られる、Monolのルールブックを見ると、詳しく載っています。

学生が最ももらうペナルティといえば、EOP制度!

Monol内では英語のみで会話しなければなりません。

日本人同士だからといって日本語で喋るとペナルティです。

どの場所で喋ったかによって、ペナルティの重さが変わります。

教室階(カフェ、喫煙所含む):4時間

食堂、オフィス:2時間

寮、屋上:1時間

スペシャルペナルティは、飲酒や他の学生の部屋への出入り、無断外出に適用されます。

普通のペナルティは消化しさえすれば外出できますが、

スペシャルペナルティは2週間外出禁止、再犯は退学です。

学生の間では冗談で「プリズン」と呼ばれています^^

一生懸命勉強をしていたら、たまには外の空気を吸いたいし、

美味しいものを食べに行きたいのに、外出禁止は本当に大きな制裁ですよね。

ルールは守るためにあります。

それでもペナルティをもらったら?どのように消化するのでしょうか~?

各階には掲示板があります。

まず、ペナルティがあるか、B2踊り場でチェックします。(月水金更新)

そして、木曜日13時から金曜日13時までにB3の掲示板にいき、

希望の時間と場所を申請します。

この24時間を逃すと、その週末外出できません;;

そして、申請した時間にその教室に行きます。

セルフスタディにもルールがあります。

以下の理由でペナルティが増える場合もあります。

(土日8時間勉強して、5時間新しいペナルティをもらったなんて話もw

実際3時間分しか消化できなかったんですねw)

欠席/パソコンで遊んでいる/洋画を見ている/小説を読む/スマホをいじる/席を無断で移動する/トイレに行く

**

ルールは複雑ですが、管理がしっかりしているといえば間違いありません。

もっと詳しく知りたい方はペナルティをもらいましょう^^

嘘です(笑)

卒業までなるべくペナルティなく過ごしましょうね!

**

MONOLのEOPについてはこちら

学費10%割引キャンペーン中!