【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【144学期A】フィリピン留学の初日

こんにちは、Monolです。

2016年1月9日土曜日、今年度最初の団体ピックアップが行われました。

フィリピンは常夏?

バギオは現在15度です。

日本は現在極寒のようなので、気温差が他の地域ほどなく体調を崩す心配もなさそうです。

今回の新入生の着ている服を見ていると、

半袖はいません~~~~~~

フィリピン留学をここバギオでしようものなら、

半袖より長袖がたくさん必要です!

それでは、新入生にはオリエンテーションがありましたよ~~~

MONOLのオリエンテーションは国籍別に分かれて、

各マネージャーが説明をします。

新入生のオリエンテーションと一緒にMonolの国籍比率を見てみましょう!

韓国人マネージャーと韓国オリエンテーション

なんだかみんなうつむいているって?

あくびなんかしちゃって~疲れているだけです。怒っているわけではなく。

中国人マネージャーによるオリエンテーション

中国人と台湾人が一緒に聞きます。

マネージャーとのアイコンタクト^^

MONOLは韓国人を除くと、中国人台湾人が比較的多いです。

そして、最後は日本人オリエンテーション

日本人学生はメモを取るスタイル・・・・。

マネージャーが説明する内容は一緒でも、

雰囲気や説明方法が違います。

その外に担当のマネージャーがいない場合、

例えば、モンゴル、ベトナム、タイからの学生のオリエンテーション

すみませんが、フィリピン人マネージャーが英語で行います。

今回の新入生だけで見ても、

韓国人より多国籍生徒の方が多く、4:6といった具合です。

Monolはいつでも英語で喋れる環境ですね。

日本人が多い学校に行って、日本人に英語でずっと話しかけられる日本人って

きっと少ないんじゃないかなと思います。

それだけの覚悟と勇気が続くかというと環境次第ですよね。

Monolでは、日本人同士が英語で喋っていても全く違和感はありません。

むしろ、私に話すとき、変な日本語、ルー大柴語になってる学生もいます(笑)

それぐらい、英語を喋るんだ!という学生の方にぜひとも来てほしいです!

***

もっとMonolを知りたい!方は公式ホームページ へ!

10%割引キャンペーン実施中!