フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Bella】モノル語学院での生活―ペナルティ

こんにちは。

Bellaです。今日はペナルティについて書いてみようかと思います。

モノルにはペナルティの種類がいろいろ、とてもたくさんあります~

平日に、モノルは9時までの門限があります。

週末は外出して、夜12時までに帰ってこなければなりません。

ただここでは、平日に普通に外出できるんだというと、そうではないのです。

平日に外出する際はオフィスに行って、リーブパスフォームをもらい、

ガードハウスに提出しなければなりません。

リーブパスがない場合には平日は30分のみ、単純な外出が可能です。

また、リーブパスがある場合でも21時までに帰ってきて、

もし遅れるとペナルティ(週末義務自習)をもらいます。

私は紙を書いて外出するのをすっかり忘れていて、

門限を2時間ほど遅れて帰ったら、ペナルティを32時間もらいました;_;

最初にいらっしゃった場合、ペナルティについてよく分からないまま

規則を破ってしまうこともあります。

知らなかったは通用しないので、絶対に規則は守るよう注意してください!

そして、授業に遅れる、遅刻3回で欠席1回となります。

15分以上遅れると欠席となります。

そうすると…ペナルティ1時間をもらいます。

モノル語学院ではどこでも英語で会話しなければなりません~

英語ではない言語を話した場合、そこが教室階であれば4時間、

食堂、オフィス階だったら2時間のペナルティをもらいます。

ご飯を食べる時でも絶対に注意してください~

学校ではもちろん飲酒禁止で他人の部屋への侵入も禁止です。

破ると各32時間のペナルティと2週間外出禁止です。(同性部屋の場合は16時間)

いずれにせよ、スパルタ学校のようなのであれこれ規則があります。

ただ、このようなことは最初からスパルタだと分かっていらっしゃれば大したことではありません。

学校にいらっしゃると、オリエンテーションの時にペナルティについて詳しい説明があるので

なるべくもらわないようにするのと、

万が一もらってしまった場合は、金土日にセルフスタディ(自習)をすればペナルティを消化できます。

金曜日は21時から24時までの3時間、

土日は朝8時から午後17時までの8時間、消化が可能です。

時間は、各自希望する時間を申請します。

ペナルティをもらうと、そのセルフスタディも別途申請しなければなりません。

木曜日の午後13時から金曜日の午後13時まで

オフィスの掲示板に申請できる用紙が張り出されます。

上記の24時間以内に申請しないと、

その週末のペナルティ消化と外出ができなくなる(授業欠席ペナルティの場合)ので

この時間は必ず覚えておきましょう!

ペナルティをもらったらその都度消化し、

週末には勉強も良いが、外出して英語を使いながら色々体験するのもまた良い学習法だと思います。

どちらにせよ、どこでも英語を使わないといけませんが~

オリエンテーションの際にはモノルの学生手帳が配られるので

ペナルティのページは絶対に読んでおきましょう。

のちにペナルティをもらって感情的にならないように~

それでは、モノルでの生活を精一杯楽しみ、

英語がたくさん伸びるように一生懸命勉強してくださいね。

これにて失礼します~