フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【現役生インタビュー】退職後にフィリピンTOEIC留学!就活で入りたかった会社へ再チャレンジのAsahiさん。

こんにちは!学生リポーターKoukiです。

ここまで7週に渡り僕のMonolでの実生活や、どのような英語学習をしているか等々、お伝えしてきました。

 

今回は現役Monolの学生2人にインタビューして、

フィリピン・バギオ留学に来た経緯や、実際のMonolでの生活はどうなの??

というような質問にお答えいただきました!

 

それでは、1人目のAsahiさんいきましょー!

f:id:monol-baguio:20170427150200j:plain

 

1人目:ASAHIさん(28歳、男性、携帯電話代理店勤務)

f:id:monol-baguio:20170620171704j:plain

お名前と年齢を教えてください。

ASAHIです。今年で28歳です。

 

Monolに来る前は何をされていましたか?

携帯電話の代理店で働いていました。

 

Monolに来た経緯を教えてください。

就職活動をしていた時に入りたかった企業に入れませんでした。

その時に入社したのが前の会社でして、再就職をして入りたかった企業への再チャレンジを考えていました。

在職中に英語の勉強もしていたのですが、なかなか、仕事とTOEIC学習の両立が難しかったので、退社して思い切ってフィリピン留学を選びました。

f:id:monol-baguio:20170426112003p:plain

 

転職後のキャリアは具体的にどういうものを考えていますか?

今までは専門職の強い携帯業界に居ました。

この業界に居たことによって携帯の持つ可能性を感じたので、帰ったらとりあえずソーシャルメディア系の仕事に就職したいと考えています。

企業の広告関係の仕事に結び付く仕事がいいですね。

入りたい会社が日本の会社ではなく、インターナショナルな会社なので入るときに英語力は必要不可欠でした。

 

Monolを選んだ理由を教えてください。

フィリピン留学を検討した時に考えていたのが、「費用・場所・授業内容」という3つの柱を決めて、語学学校選びをしていました。

金額的にフィリピンが一番安く、授業の質も高いということを聞きました。

以前、オーストラリアに行っていた時には、グループレッスンが多かったのですが、フィリピンはマンツーマンクラスも多く、自分に合っていると感じてフィリピンを選びました。

 

大前提で日本人が少ない地域を選びたかったので、その条件でエージェントの方に勧めて頂いた候補の中にMonolがあって、Monolの食事の質の高さ、施設の綺麗さで勧めて頂き選びました。

 

実際に来てみてイメージしていたものとのギャップはありましたか?

金額の部分と授業の質に関しては、全く問題なく申し分ないですね。

施設も日本と比べたら少し汚く感じますが、フィリピンの語学学校の中では良い方だと思います。

今のシーズンは時期的にも、日本人が少し多いと感じています。

 

施設でいいところは?

授業で使っている教室が自習用に開放されているのが凄く便利です。

そして、24時間学校にいるので、いつでも自分の好きな時間に休めるし、好きな時間に勉強できます。

学校自体が勉強のための空間造りがなされていると思います。

f:id:monol-baguio:20170620173042j:plain

共同生活の中で大変なことはありますか?

幸いなことに、日本人が部屋にいないので、日本語を話す必要性がないのが良いところだと思います。

 

Monolの食事に関してはどうでしょう?

生野菜が毎食出るのは凄く有難いです。野菜が好きなので。(笑)

毎食必ず白米も出ますので、日本人としては嬉しいですね。

f:id:monol-baguio:20170424115927j:plain

今選択しているコースはなんですか?

2か月TOEICコース、最後の1ヵ月はビジネス英語コースを選択しています。

現在選択しているTOEICコースは1日7時間全てがマンツーマン授業です。

TOEICのパートごとにわかれていて、リスニング4時間、リーディング3時間、僕はそれにオプションでTOEICスピーキング2時間、グラマークラス1時間をとっています。

TOEICコースのリスニングの授業は凄く役立っていると感じます。

苦手なリーディングがまだ授業についていけてない、と感じる部分があるので、そこを頑張りたいと思います。

 

f:id:monol-baguio:20170620173314j:plain

オプションクラスはどういった内容ですか?

TOEICスピーキングでは2,3日程度で終わる1プログラムの中で、11個のコンテンツを勉強します。

今は選択している学生が少ないので、1人1人当てられて答えていく方式です。ほぼ本番と同じ内容です。

無料でとれるので、僕は本当にこのクラスをお勧めします。

 

宿題は大変ですか?

授業の進捗具合によっても量は変わるので一概には言えないですが、多いときは少し大変だと感じます。

ただ、もしオプションクラスをとっていなければ自由に使える時間がたくさんあるので、宿題と自習1,2時間ぐらいの時間はとれると思います。

 

フィリピン留学に来た後に成長を感じられた部分は?

リスニングが簡単だと思えるようになりました。

リーディングの長文の問題は苦手と感じていたのですが、そこはむしろ得意分野に変わりました。

毎日30―40問程ある問題を時間制限の中で回答していく授業があって、毎日毎日テストのようです。それが役に立っていると感じています。

 

日本だとリスニングの問題をただただ解いていく事しかできませんでしたが、

MonolのTOEICコースのリスニングは、日ごとに項目別でフォーカスして勉強します。

おのずと自分の得意分野が分かるようになりました。

 

今後のキャリアには生かせそうですか?

正直なところ。まだYesとは言えない。

明らかに言える事は、毎週金曜日に2回テストがあって、それが普通の公式TOEICに比べて凄く難しいです。

本当のTOEICは正直簡単かも、って思ってしまったので、良いスコアがとれればキャリアにも活かせますね。

自分の目指している得点まではきちんとあげたいです。

 

ズバリMonolという選択は正解でしたか?

正解でした。

 

要因は、マンツーマンクラスとTOEICの先生方と仲良くできていることですね。

前回に行ったオーストラリアの学校では、仲良くなった友達が日本人やアジア人で、彼らと英語でした。

彼らと会話するのは良い部分もあるのですが、正直間違って英語を使っていてもわからないし、それでもコミュニケーションがとれちゃいます。

それはあまり僕の中では、英語習得への近道ではなかったと感じていました。

 

今は、TOEICコースの先生とも密に話したり、土日一緒にご飯に行ったりできています。

General ESLコースの生徒は他の国の友達と仲良く出来て羨ましいと思う反面、

僕は僕でフィリピン人の先生と仲良くなるという大前提の目標を達成出来ているので良かったです。

 

留学準備している人へのアドバイスはありますか?

 

自分は準備不足で来てしまいました。文法と単語は日本で出来たと思っています。

今はそっちに追いつくのが精一杯で、そこをしっかりやっていれば、もっとスムーズに授業内容を理解できていたのかなと感じます。

特にスピーキングで苦戦しているので、是非とも日本で出来る予習は準備期間にすることをお勧めします。

 

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

 

フィルポータル様主催「物語cafe」がバギオにて海外初開催されました (2017年6月)

フィリピンの情報ポータルサイト「フィルポータル」様からのお誘いを受け、

主催のイベントが、BESA(バギオ地域英語学校協会)の学校の学生様向けに開催されました。

6月3日、雨の中行われたのは「物語cafe」

このイベントのゲストは、トビタテ留学1期生で現在起業家としてもご活躍の中川 瑛さん。

f:id:monol-baguio:20170615143010j:plain

 

「語学留学後のキャリアが見えない…」

「やりたいことがわからない…」

そんな迷える人生を送る私たちに行われたのは、

過去を振り返るワークシートを通じて未来に必要な「欠如」をあぶり出し、現在の行動に移し替えていくワークショップ。


評判は上々だったようで、早くも次回イベントが期待されている模様ですね。
詳しくは以下のサイトから、様子が閲覧できます。

 

【フィルポータルで初イベント】物語cafe in バギオの活動報告 | フィルポータル

フィリピンで物語cafeに参加したら留学後の進路へのヒントが見えてきた | フィルポータル

BESA(バギオ英語学校協会)として、横のつながりが強いバギオ地域ならではの共同イベントでは、

本来出会うはずのない他の学校の学生からも良い刺激をもらえます。

 

f:id:monol-baguio:20170615171751j:plain

今後もこうしたバギオ地域に留学する学生様全体にメリットのあるような機会を共有させていただく協会運営を目指してまいります。

f:id:monol-baguio:20170411150207j:plain

 

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

 

【162学期B】バギオMONOL新入生のご到着報告

先週末にもたくさんの新入生さんがここバギオに到着!
日本人・中国人・台湾人の学生のご入学が盛んになってもう1年…。

2年前までは韓国人が90%を超える学校でしたが、今ではどんどん多国籍化するフィリピン留学。
いち早く変貌を遂げているのがMONOLではないかと思っています。

※韓国資本に分類される当校ですが、韓国人学生が全然いません…。

f:id:monol-baguio:20170614144046j:plain

f:id:monol-baguio:20170614144100j:plain

f:id:monol-baguio:20170614144245j:plain


ピースをしている学生…MONOL史上初ではないかと思います。(おそらく、バギオで初めて…?)
遠く遠く、アフリカのアンゴラ人学生が入学しました~~~!

近頃は、スペイン人学生も着実に増えてきた当校ですが、彼女はポルトガル語を操るそうで、
英語学習のために、移動に2日かけてフィリピンまで到着したとのこと!

 

f:id:monol-baguio:20170614144654j:plain

今回は、6か国の新入生さんが到着しました^^
ピークシーズンが早くも到来している…!今年は早いです!

 

こうして様々な国からの学生が入学するMONOL…

様々な国の学生のために、着実にベースをよくしていかなければならない、ということが、当校が持続的に変化し続ける原動力になっています。

f:id:monol-baguio:20170614145105j:plain

f:id:monol-baguio:20170614145128j:plain

新入生さんはマニラ空港でのピックアップ(土曜①16-19時、②22-25時、日曜③3-6時)を終えて、日曜午後からは簡単なオリエンテーションと学校ツアーをします。

 

※日曜④16-19時、⑤22-25時のピックアップを利用する学生は、このスケジュールは不参加となります。

f:id:monol-baguio:20170614145754j:plain

f:id:monol-baguio:20170614145844j:plain

f:id:monol-baguio:20170614145918j:plain

 

今回は、6月12日(月)がフィリピンの祝日で学校も休校のため、新入生向けのバギオ観光地ツアーを行いました。

※政府からの公式発表がまだございませんが、6月26日(月)または27日(火)がラマダンで祝日になる可能性が高いです。(6月14日現在)

 

f:id:monol-baguio:20170614150104j:plain

f:id:monol-baguio:20170614150227j:plain

火曜日は朝からレベルテストです。

f:id:monol-baguio:20170614150311j:plain

f:id:monol-baguio:20170614150321j:plain

f:id:monol-baguio:20170614150334j:plain

f:id:monol-baguio:20170614150350j:plain

f:id:monol-baguio:20170614150409j:plain

現在、MONOLには日本・中国・台湾・韓国・ベトナムの5か国のマネージャーが各国学生をサポートしています。
困ったときはオフィスなら母国語でご相談できます。

セブにはロシアからの学生がいる学校さんもあるようで、まだMONOLにはロシア人学生はいませんが、

今年に入っても、コロンビア・ボリビアカザフスタン・イエメン・アンゴラ…と従来にはいなかった国の学生がMONOLに入学しています。
(正直な話、欧米にいったところで出会えないのでは…というほど、日本人からするとレアですよね…)

「フィリピン留学はアジア人しかいない」
おおまかにいえば当たっていますが、積極的にこうした国の学生と友達になることはできます。
現在11か国の学生が在籍するフィリピン・バギオMONOL現地から、新入生のご到着報告でした^^

 

monol-baguio.hateblo.jp

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

 

【フィリピン留学がオススメできる理由】日本で英語学習が続かないのはあなたのせいじゃない。

日本で英語を本格的に勉強したい!

そう思って仕事の合間を縫って個人で勉強したり、駅前の英会話教室に週2回通ったりした結果・・・。

全く英語を覚えられずに挫折、

自分は英語には向いていないんだぁぁあああ!(泣)

っていう経験した方いると思います。

 

こんにちは!学生リポーターKoukiです。

前述のような日本での英語学習がなぜ失敗するのでしょうか。(全ての国内での英語学習が失敗すると思ってはいません!!)

 

自分に英語が向いてないから?英会話教室の質の問題?

両方とも違います。

ズバリ、日本での生活は英語だけに集中できない環境、だからだと僕は思います。

 

1日最低3時間は英語学習に時間を使おう!と考えても、日々の家事や仕事、プライベートの付き合いもあり1日1時間取れるかどうかも怪しい・・・。

英会話教室に通っても、英語の環境はその教室内にしかありません。 一歩外に出たら日本語しか使えません。  

 

しかし、Monolではその真逆、英語だけに集中できる環境、がここにはあります。

1日最低7時間も授業があったら決して言い訳はできません。

その上、日本語を話したくても、EOP(母国語禁止ルール)、学校では英語が公用語です。

そして、僕がここで留学していて一番感じた事は、Monolでは勉強以外する必要がない!ということ。

人間、生きていたら衣食住を常にやり繰りしながら生活しなければいけません。フィリピン留学では、それを全て学校側が代わりにやってくれています。

今日はそんな勉強以外について心配しなくていい環境を作ってくれている、Monolの生活環境をご紹介します!

 

①オフィス

f:id:monol-baguio:20170608142241j:plain

Monolの学校内での生活で困った事があれば全てこちらで相談する事ができます。

教科書の購入はAPMD、部屋の清掃・修理等はASD、日本人マネージャーへの相談はSRDと各部署が分かれていて、学生の生活をサポートしてくれる場所。

滞在するVISA等の手続きも全てこちらで代行してくれます。

 

主に、日本人マネージャーに用がある時、バスケットボールや卓球・ビリヤードの道具等を借りたい時に僕はオフィスを訪れます。

ちなみにですが、日本人マネージャーとの会話はEOP対象外。学生が困っている時はしっかりと母国語で対応してもらえるので安心してください!

 

②部屋清掃・ベッドシーツ交換サービス  

f:id:monol-baguio:20170424115515j:plain

Monolでは1日前に申し込めば、お部屋の清掃と、ベッドシーツの交換を依頼する事ができます。

どれだけ部屋を綺麗にしよう!と思っていても、ただでさえ難しい共同生活。

僕の住む6人部屋など複数人部屋では他の生徒の物もあって、まとめての掃除が難しいです。

ルームメイトの国籍も違うので、部屋の汚さでストレスが溜まる事も・・・。

 

そんな時に部屋の清掃サービスが非常に便利! ゴミ箱に溜まったゴミの撤去や掃除機もかけてくれます。

ただし、清掃中には必ず1人は部屋で立ち会わなければいけません。僕らの部屋ではローテーションで立ち合いをして2週に1回依頼をしています。

またベッドシーツの交換は2週に1回が依頼可能! 綺麗に洗濯されたベッドシーツで眠れます。睡眠の質も大事ですもんね!

 

③ランドリーサービス

f:id:monol-baguio:20170608142355j:plain

洗濯も学校からのランドリーサービスがあるので自分たちでする必要はありません!

衣類を預けて2日後の午後には受け取る事ができます。 特に枚数制限がないので1枚から洗濯を依頼することも可能…。

f:id:monol-baguio:20170608142451j:plain

こんなにも大きい業務用洗濯機で洗濯されています! ランドリースタッフの方と比較すると大きさがわかるでしょうか?(笑)

またここでは洗濯、乾燥だけでなく綺麗に衣類を畳んで返却してもらえます。

f:id:monol-baguio:20170608142606j:plain

もし、高価なモノや預けたくない衣類があれば、学校屋上の無料セルフランドリーでも自分で洗濯することが可能です(洗剤は各自用意)。

5ペソ(約12円)で利用できる乾燥機も設置されているので天気があまり良くない時に便利!

物干し竿は、屋上にも各部屋にも設置されているので天気が良ければ屋上で天日干し、部屋の除湿器を使って部屋干しもできちゃいますね。

 

④警備・ガードハウス

f:id:monol-baguio:20170608142818j:plain

ここでは24時間体制でガードマン(警備員)が在中。

ガードマンは建物内の巡回もしてくれていて、Monolのセキュリティを彼らが守ってくれています。

そして外出する時には必ずこのガードハウスの前を通らなければいけません。門限もここでバーコード管理されているので、1分たりとも遅刻できません!(笑)

f:id:monol-baguio:20170608145807j:plain

15分以内の遅刻でも4時間、1時間遅刻でもすれば32時間の週末セルフスタディがペナルティとして加算されます・・・。

 

⑤食事・キッチン

f:id:monol-baguio:20170608142921j:plain

土日平日問わず毎日3食、バイキング形式で提供してくれます。

土日の食事提供がない学校もあるので、週末にMonolに籠って勉強したい学生には嬉しいですね!

Monolに来る前は、韓国資本の学校だし韓国料理ばかりであまり食べられるものはないのかなぁ…と思っていたのですが、全然そんな事はありません!

毎食違うメニュー、そしてなんといってもMonolでは新鮮な野菜がだされます。健康志向の学生さんには最高ですね。 ただ、ドレッシングのレパートリーは多いですが、コチュジャン、韓国味噌、ラー油等々とあまり馴染みのないモノも多いので、日本から胡麻ドレッシングを持ってくる事をおススメします!

f:id:monol-baguio:20170424115927j:plain

f:id:monol-baguio:20170508174548j:plain

f:id:monol-baguio:20170508174646j:plain

Monolには、英語だけに集中できる環境があります。

現役大学生の僕ですが、日本に居た時よりも断然、勉強している気がします。

それはMonolの様々な部署のスタッフが学生の生活面を支えてくれているから、英語学習に集中できる環境が形成されています。

そしてESLコースなら、最低でも7時間以上の授業。

「忙しいから・・・」「英語を使えるところがないから・・・」

 

ここでは、日本にいた頃の言い訳は本当に通用しなくなるぐらい、英語だけに集中できる環境です。

あえて留学に来て自分を追い込んでみるのも良い選択かと思います! それでは!

f:id:monol-baguio:20170503174854j:plain

 

レポーターKoukiさんの過去記事

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

 

スクールトリップ:雄大自然!ピナツボ火山(2017年6月)

昨日に続いて、先週土曜日のスクールトリップの様子をご紹介します^^
遊んでばっかりな印象になってしまいますが…(笑)
スクールトリップは隔週末です、2週に1度ですっ

 

このスクールトリップでは、バギオからいける観光地のほぼほぼを網羅しています。

その中でもMONOLの学生さんにぜひ訪れてほしいのがこのピナツボ火山!

 

バギオからは少し遠いのですが、なかなか学生さんだけではいけない

トレッキングスポットなので、機会があればぜひぜひ!

今回は本当に満員御礼でございました!

f:id:monol-baguio:20170607105046j:plain

ピナツボ火山についたら、いきなり歩くというわけではなく…

f:id:monol-baguio:20170607105148j:plain

f:id:monol-baguio:20170607105206j:plain

f:id:monol-baguio:20170607105219j:plain

f:id:monol-baguio:20170607105226j:plain
ツアーを申し込み、ガイドをつけて、ジープで1時間ほど移動します。
オフロードを揺られながら、周りの壮大な景色も楽しめます。

f:id:monol-baguio:20170607105419j:plain
火山灰がこうして長い年月をかけて積み重なり風化され形成された景色です。

f:id:monol-baguio:20170607105614j:plain

f:id:monol-baguio:20170607105635j:plain

f:id:monol-baguio:20170607105747j:plain

ピナツボ火山トレッキングは早朝に開始して、お昼頃に下山するコースで組まれています。
午後はほぼ雨がふるので入山規制がかかります。

 

今回はそこまで太陽が出ておらず、雨が降るか降らないか~で結局降らなかったので

トレッキングするにはぴったりの天気でした!

f:id:monol-baguio:20170607105957j:plain

ピナツボ火山の周辺で暮らす、フィリピンの先住民族AETA部族。

伝統的な自給自足の生活が垣間見えます。

(天使のような笑顔の我らがMONOLベトナム人マネージャーTOM)

f:id:monol-baguio:20170607110320j:plain

看板には…

Young age 15 minutes

Middle age 18 minutes

Senior 20 minutes

 

シニアより時間のかかってしまったMONOLの学生たちでした…

f:id:monol-baguio:20170607110517j:plain

f:id:monol-baguio:20170607110541j:plain

過去に何度もキャンセルとなってしまったピナツボ火山へのスクールトリップ!

先月にやっと初めて成功して、その評判が広まったのか

今回はたくさんのMONOL学生が参加し、トレッキングを楽しんでくださいました!

f:id:monol-baguio:20170607110714j:plain

 MONOLだけの週末スクールトリップは、食堂の掲示板で

4~5か所の旅行地から投票で、行き先が決定されます。

せっかくの留学ですから、平日も週末もアクティブな姿勢が大事!

勉強のリフレッシュと友達作りにぜひぜひご活用いただけるサービスです^^

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp