【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【体験談】私がアメリカ留学よりもフィリピン・バギオ留学を選んだ理由。

Tracy【20代女性・2人部屋・21週(17週延長)】

f:id:monol-baguio:20170815160609j:plain

バギオで英語学習に集中するべくMONOLに来て早3か月がたとうとしています。

最初は1ヵ月様子見で入学しましたが、延長を続けています。

 

フィリピン留学を検討している方は、フィリピンに来る前の私と同様、すべての人がそう思うでしょう。
英語を「第2言語」として使用している国(フィリピン)に語学留学すること

=ネガティブな印象


今回は、なぜ私が本来考えていたアメリカへの英語留学ではなく、フィリピン留学、

そして、よりにもよってバギオのMONOLで英語を勉強しようと決めたのか、ご紹介します。

f:id:monol-baguio:20170721161111j:plain

バギオは「フィリピンの夏の首都」とも呼ばれ、高山地帯なので、

フィリピンとは思えない涼しさが年中続き、多くの観光客を魅了しています。

バギオの平均気温はマニラやセブに比べると7-8℃低く、1年の最も暑い時期でさえ最高気温は26℃に届きません。

私がなぜバギオを留学地に選んだのか、そのひとつめの理由は、この英語学習に適した快適な気候です。

f:id:monol-baguio:20170725122337j:plain

ふたつめの理由は、バギオは遊べる場所が少ないということです。
クラークやセブ・マニラと比べて、バギオはカジノやギャンブル、歓楽街等、学生が勉強をするうえで邪魔になるような場所がかなり限られています。
そのため、バギオは留学地にふさわしく、なおかつ、クラークやマニラのように学生が使う交通機関・タクシーでのぼったくりもないほど、

学生に優しい街、教育都市といわれる所以なのです。
 

ちなみにですが、MONOLの留学費用は、私が考えていたアメリカ(ミズーリ)への留学費用の3分の1ほどの安さ

本当にコストパフォーマンスに優れています。

f:id:monol-baguio:20170803110513p:plain

 

最後に、私がここを選んだ理由、MONOLの英語環境について。

f:id:monol-baguio:20170803110453j:plain

多くの学生は、欧米へ行くこと=英語学習に最適だと思っているでしょう。
つまり、多くの人がそう思うように、欧米には実際のところ、多くの日本人がいるのも事実なのです。

 

フィリピン留学でも同じです。
日系の語学学校は日本人生徒ばかりです。


MONOLのように韓国系の学校がいいのは、様々な国の学生がいて、彼らとコミュニケーションをとるには無条件で英語で話さなければいけないということ。

フィリピン留学ならではのマンツーマン授業を活用したり、授業以外にも英語に触れている時間が長ければ長いほど語学は伸びます。

 

MONOLでは毎日最低でも10時間英語を勉強するのは当たり前で、それ以外の時間でも英語に触れている環境やEOPがあります。
この環境で英語が伸びないわけがないのです。

f:id:monol-baguio:20170309163841j:plain

フィリピン留学3か月を通じて、

バギオ、そしてMONOLを選んだ私の決断に間違いはなかった、

フィリピン留学を検討している人には心からここで英語を伸ばしてほしいです。おすすめです。

 

monol-baguio.hateblo.jp

monol-baguio.hateblo.jp