フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Kei】充実の無料オプションクラス

残り少ないBaguio、Monol生活の焦りと寂しさを感じ、様々なところに行っています。

では、本日のテーマをご紹介していきたいと思います。

 

【早朝クラス】

私は3ヶ月間6時半から30分の授業を受講し続けました。

「30分の授業だし…」「眠たい…」と妥協しそうにもなりましたが、一度も休まず行きました!

 

⑴朝の基盤が早朝クラスを出る事により作られる

朝6時半からなので、6時には起きて1日がスタートします。

7時には終わるのでゆっくり落ち着いて朝ご飯が食べられます。

その時点でまた8時からの授業まで30分くらい時間が余るので、早めに教室に行き、予習や復習をしていました。

この時間は私にとってとても大事な時間だったと思います。

 

早朝クラスの内容もお伝えさせていただきますが、早朝クラスを受講する事により、

心の余裕としっかりと生活スタイルが築けるのでとてもオススメです。

早朝クラスは欠席してもペナルティーはありません。

だからと言って休もうとも思いませんでした。

朝はキツイ時もありましたが、それ以上に、私にプラスになる事が多くて感謝しています。

もし早朝クラスを受講していなかったら、8時からの授業に合わせて起きて

朝ご飯も適当になっていたと思います。

 

 ⑵英語学習への影響

3ヶ月間で後半はまた同じ内容だったのですが、私は復習も兼ね受講しました。

主にidiom(熟語)でした。

テキストなしの授業なので、自分のノートに書くスタイルでした。

3ヶ月間いて、ノートは半分くらいのページでした。

Idiom、prepositions、partitivesなど、日常で使える事が多くとても役に立ちました。

 

※無駄にノートは持ってくる必要もないと思います。

私はフィリピンの紙やボールペンの質が良くないと聞き、日本から3冊持って来ましたが、この1冊だけ使うくらいでした。

他の授業はテキストに直接書いたりするので、必要なかったです。

もし、自分でまとめ直すのであれば持ってきてもいいと思います。

フィリピンでノートを買っている友達がいましたが、普通に日本のノートと同じ紙質でした。

※早朝クラスの一部です。

 

【ナイトクラス】

朝6時半の早朝クラスから文法クラス、ヨガ、ゴルフのナイトクラス受講の為、

時間が足りず勉強系のオプションクラスは受講できませんでした。

ヨガクラスでは3ヶ月経った今、こんなポーズにも挑戦できるようになりました。

 

 

ゴルフは先生がとてもフレンドリーで日常の英語をゴルフで楽しく使うことができました。

 

ナイトクラスでは夜の時間を有効活用し、無料で追加する事ができます。

スピーキングをTOEIC、IELTS、JOB interviewに細分化されたクラスとなっています。

私はintensive speaking ESL(スピーキングに焦点を当てたマンツーマンクラスのみのコース)の人に特にお勧めだと思います。

4時間の授業なので、夜の時間を有効活用できると思います。