フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Kei】フィリピン留学での食事

Monol、フィリピンを旅立つ日が近づいている事をこの頃リアルに感じる様になってきました。

 

バギオはこの頃乾季で朝晩冷え込む様になってきました。

学生の中にはダウンジャケットを着ている人も!

2月中旬くらいからは暖かい季節に向かうと聞きましたが、1月のバギオが寒さのピークだと思います。

 

今学期にはGrammar:文法クラスを追加(無料)しました!

私の個人的な意見ですが、やはり英語学習にはGrammarが大事ということをとても感じています。

文法クラスはレベルごとに分かれていて、そのレベルも自分で選択できるので、

自分の学びたい内容が学べ1番ためになっています!

(最初から受講しておけば良かった…と後悔しています。)

 

特に日本で仕事で英語の勉強をする時間がなくて、それでも、

フィリピン留学・Monol留学に踏み切った人には特にオススメのナイトクラスです!

 

そんな中、先日Miss Universeの世界各国の代表が、ここバギオでパレードが開催!

こんなチャンスはないと思って行ってきました!

 

バギオの目抜き通り、セッションロードにて

 

パレードではバギオの伝統的な衣装や音楽も間近で感じられ、とても良い経験となりました!

そして、学習の焦りとともに、フィリピン食ももっと食べないと!と焦っています!(笑)

そんなこんなで今日は、みなさんが気になるフィリピン留学中の食事・食環境をお伝えできればと思います。

 

 

普段はニキビなんかできない体質の私ですが、

こちらにきて野菜を食べない日が続くとニキビができてしまいました(泣)

Monolの食事にサラダバーがあるのは本当に様様、と改めて思いました。

こんなに生野菜の種類が沢山あるのは本当に感謝です。

野菜をたくさん食べられない学校に行ったら、私みたいにニキビができますよ!

 

校内のカフェは、今年から新しくリニューアル!

平日のみの営業ですが、カフェの前は最高の景色で、勉強や生活環境のストレスもここで発散できますよ!

 

カフェには各種コーヒー、シュークリームやペストリーもあります。

 

バギオの市内には、韓国料理や日本料理のレストランも数多くあります。

日本料理も日本人オーナーが経営されているお店です。

生徒や先生の間ですぐに話題になります。

 

私は「フィリピンに来たからにはフィリピン料理を!」と日本料理は食べていません。

話によると、刺身やお寿司も安心して食べられるそうです。

本当に日本食が恋しくなったり、他の国のお友達に日本食を紹介したくなったりしたらぜひ行ってみてください。

 

Monolの食事に飽きてしまったときには、学校へのデリバリーサービスもありますよ!

デリバリーや外食の情報も掲示板に沢山貼ってあるのでとても助かります!

掲示板だけではなく先生に生の声を聞くというのもありだと思います!

 

目の前(道を挟んで)にはサリサリストア(ローカルコンビニ)とコリアンレストランがあります!

 

サリサリストアの サリサリ「Sarisari」はタガログ語で「何でも」という意味らしいです。

タクシーを使って街中に出るとセブンイレブンがあるのですが、商品の価格はサリサリストアの方が安いと思います!

そして何と言っても、1分もしないで歩いて行けるという事が魅力的!

当然学校内ではお酒は365日飲めません。

しかし、1杯だけ飲みたい!

そんな週末は、目の前のサリサリストアでお酒を買ったり、コリアンレストランで飲んだりもできますよ!

 

また片道徒歩20分くらいでスーパーが近くにあるので、これも買い物には全く困りません。

 

Monolもあと少しなので、暴飲暴食にならない程度にフィリピン留学での食事を堪能したいと思います。