【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Kei】フィリピン留学1か月後の英語力

4週間が経ちました!1ターム(1学期)区切りのテストも終了!

という事で、私の英語力がどれくらい変化したか、

自分なりに各クラス・科目ごとにご紹介できればと思います。

 

ちなみに私は4週間Regular ESLコース(マンツーマン3時間・グループ4時間)を受講しました。

 

リーディング・スピーキング・リスニング・ライティング・プロナウンシエーション(発音)、の順にお伝えしていきます!

 

【リーディング】(マンツーマン:1時間)

※これは最初のレッスンページなので、ここから少しずつ文字の量が増えていきます。

 

まず、英文を読むといっても、ここに来るまでは1、2行のワンフレーズを読むくらいでした。

当初はこの量の英語を読む事にストレスを少し感じました。

また、宿題の問題も当然ながら英語なので理解しきれず、回答が回答でなかったりして先生に迷惑をかけていました。

 

授業の中で文章を大きな声で読むのですが、

自発的にはなかなかする事ではないので、とても良い練習になります。

授業の最後には口頭で要約をして、先生がそれをノートに書きおろしてくれて、

文法のチェックをしてもらいます。

 

この口頭要約も最初は頭の中が真っ白になり何も答えられませんでした。

 

4週間後…

口頭要約も文法はまだまだめちゃくちゃな部分はあるのですが、

先生の助け無しでは一言も発することが出来なかったその量は今では5倍増えました!

さらに余裕も出てきて、次の予習をして、質問を考える事も出来るようになりました。

 

ただ、まだまだボキャブラリーが少ないので、いざ学期末テストとなると苦戦しました。

なので、2か月後(4週間後)には英語の簡単な本が読めることを目標に、

実践的な応用ができる練習を頑張りたいと思います。

 

【スピーキング】(グループレッスン:2時間)(クラスメイト:日本人2・韓国人2)

※グループクラス1時間を50$または2,500ペソでマンツーマンに変更可能

 

毎授業のユニットにテーマがあり、クラスメイトと考えや意見を共有しながら授業が始まります。

韓国人がクラスメイトなので、考えや意見も新しく知ることが出来て楽しいです。

それだけでも得られたものがあります。

そして、授業中はペアになって話し合いや会話練習をします。

なので、グループでも絶対に発言が求められます。

 

4週間後…

毎日の復習のおかげか、授業で習った大体のフレーズが身についていて、

自分の生活の各シチュエーションで単語さえ変えればいいので、自然と

「あっ!今使ってる!」って気づきます。

 

特に感じるのは、友達と会話する食事の時間です。

最初は、料理の味を伝えるのに

「Good」「So so」「Bad」

のみの面白くない会話しかできず、沈黙もありました。

しかし今では、週末どう過ごしたか等々、話の幅が広がり、沈黙というより話す時間が足りない程です。

英語を使うことが億劫ではなくなり、話す勇気も養われました。

 

【リスニング】(マンツーマン:1時間)

 

マンツーマンクラスでは先生とより仲良くなれるのでとても楽しいです!

仲良くなるからこそ、スペルの間違い等を鋭く指摘されます(汗)

 

今まで英語を聞くという事は、ジェスチャーを交えての会話の中だったので、

なんとなく喋りなんとなく理解したつもりでした(汗)

それがリスニングだと思っていたので、実際の授業でユニットのテーマに関する英語を

オーディオから聞いて理解するというのは初めてで、

本当に「英語を聞く」ことに特化した訓練だと日々感じます。

 

4週間後…

正直成長はあまり感じられなかったです。

期末テストで手ごたえがあまり感じられなかったからです。

リスニングは私の1番の課題だという事が分かりました。

しかしこの4週間で、英語を聞こうとする集中力や根気は身につきました。

 

映画「ズートピア」のDVDを持っているのですが、今はまだ

映像を見つつ理解するだけで、すべてを聞き取れてはいません。

なので、4週間後にはすべて聞き取れるようになるために、

この4週間で養われた英語を聞く集中力と根気を持続させ、

更にワンランク上のリスニング力を身につけられたらと思います!

 

【ライティング】(グループレッスン:1時間)(クラスメイト:日本人2・韓国人2)

※個人的にですが、この先生がMonolで1番綺麗だと思います(笑)  

 

この授業では毎日英文を作成する宿題が出ました。

初めは「4行書けた!!」と喜んでいましたが、

今思えば「4行で何が伝わる!?」と4週間前の自分に突っ込んでいます(汗)

 

4週間後…

まだまだですが当初の5倍は書けるようになりました。

この授業の宿題は、自分で考え文章を書くことなので、初めは苦戦してストレスを感じていました。

それが今では、自分のことを文章で伝えられるという楽しさを感じています。

さらに4週間後には、この倍書けるようになりたいと思います。

 

【発音】(グループレッスン:1時間)(クラスメイト:日本人2・韓国人2)

 

このクラスでは常に口を動かし、声に出して体で覚えるので楽しいです。

日本ではなかなか発音を勉強することがないので、このクラスでは発音記号を一から勉強することが出来ました。

 

4週間後…

どれだけ単語が分かっていても発音が正しくなければ相手に伝わらないという事もここにきて痛感しました。

例えば、cop/cup/capを私が発音すると、先生の頭の上には「???」が並びます。

「Ra」と「La」の違いなんて、今まで考えたこともなかったのに…。

なので、人一倍練習してもらいました(汗)

今では最も重要な科目だと感じています。

今までゼロだった発音に関する知識を学べた事は私にとって大きな一歩でした。

 

こうしてフィリピン留学1カ月はあっという間に過ぎてしまいました。

お恥ずかしいですが、初めはプロナウンスという単語すらわからないところからの始まりだったので、

なにかに特化するのではなく、いろいろな方法で英語を学ぶことができるのは良かったです。

あと2か月もきっとあっという間なのだと思います。

この4週間で英語の基礎をしっかり学んだので、残りのMonol生活ではそれを応用し、

悔いのないように過ごしたいと思います。