【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

バギオに来たなら1度はいく!パブリックマーケット

フィリピンバギオ市民の生活の基盤がパブリックマーケット

セッションロードからくだったところにあります。

最初は何を買うにもSMモールに行くことが多いですが、

慣れてくると、野菜や果物はマーケットで買った方が安いし、新鮮!

写真はマハリカショッピングモールです。

お土産物から何から何まで揃います。

SMモールの廉価版というイメージですね。

パブリックマーケットに通ずる角にあるため、

人も多く、スリには注意しましょう。

パブリックマーケットは特に出入り口がないため、

どの抜け道から入ってもたどり着けます。

これは歩道橋から。

最近は渋滞がひどいバギオ

(もちろんマニラと比べたらへでもないですが。)

パブリックマーケットに行くなら、ジプニーで行くのが良いです。

MONOLの前を走っているジプニーに乗って、

歩道橋の下で降ります。

8.5ペソですから安いですね

帰りはジプニーステーションまで行かなければならないですが、

そこまで遠くないので、試してみてもいいかもしれません。

歩道橋で降りないで、Abanaoスクエアのところで降りると、

反対には花屋が並びます。

(ちなみにこの先がジプニーステーションです)

野菜が最も大きな部分を占めます。

フィリピンで最も大きい野菜市場ではないかともいわれます。

というのも、この気候から、バギオは野菜の名産、

フィリピン全土にわたってバギオから野菜が届けられます。

買えない野菜はなさそう…

フルーツもたくさん^^

マンゴー500g 35ペソ(80円…?)

バギオのお土産屋さんにはよくほうきが売られています。

藁が特産で、長く使うことができると評判なんです。

マニラ空港でもたまにバギオのほうきをお土産にしている観光客をみます。

雑貨もありますね

これなんだと思います?

ソーセージ!!!

衛生的にどうなの?!なんて疑問はフィリピンにいると時間の無駄です。

フィリピンではマンゴーが身近すぎて、もう一生分食べた気もします。

フィリピンのローカルな暮らしが見えるパブリックマーケット

1度は行ってみることをおすすめします!

※スリには本当に気を付けてください

気を付けるしか方法はありません

財布とスマホは常に見えるところに!

(最近、私はむしろ鞄を持ちません。この2つを手に持って歩いていますw

その都度確認するのが面倒で…ただこれもあまりおすすめできません)