【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【MJ】フィリピン留学3ヶ月で英語はどれだけ伸びたのか?(TOEIC点数有)

MONOLでの時間もラストスパート!!

写真を見返していたら、たくさんの人との出会いがあったな、、

なんてちょっと感傷的になったりしていました。

MONOLで得たものは大きいです!

それは次の記事で!

3か月続けたレポートも今回がラストとなります~。。

今回のテーマは「フィリピン留学3か月で英語力がどれだけ伸びたか」です!

まずは、3か月私が選択したコースは以下の通りです。

1~4week Regular ESL

4~6week Intensive Speaking ESL

6~10week TOEIC

10~12week Intensive Speaking ESL

その他にオプションクラスで

Grammarクラス4週、

TOEIC Speakingクラス4週、

IELTS Speakingクラスを最後の2週、

ヨガクラスを選択しました!

数値の部分で言うと、(恥ずかしいのですが…)

TOEICのスコアは1か月で440670まで伸びました。

私は今回、TOEICコースを選択した目的がハイスコアを取ることではなかったのですが、

これからまた、日常の英会話と並行して今後機会があればハイスコアを目指し、

力試しにTOEICを受験してみようと思いました。

また、1か月前にはすべて解けきれなかった問題も、時間内にすべて解ききることができるようにまでなりました。

ボキャブラリーもTOEICコースに変更してから、かなり難しくなったのですが、良い勉強になりました。

自分の中での単語の知識も1か月のTOEICコースで、かなり増えたと思います。

TOEICのリスニングの部分も、長文問題ははじめ全く聞き取れなかったのですが、

最後の週はオーディオの内容を理解して解ける問題が増えたという実感もあるし、

もともとレベル3程度のリスニング力が6、7くらいになったイメージです。(曖昧ですみません;;)

もちろん、まだよく理解ができない問題はたくさんあるし、

課題や、自分の苦手な部分を山ほど見つけることができたTOEICコースの4週でした。

日常生活での会話の部分は、よっぽど聞き取りづらい英語でない限り、

問題なくコミュニケーションがとれるまでになりました。

まあ、これは普段、私が先生と会話をしていて感覚的に感じる部分です。

1か月前と比べると、自分の意見もそれなりに言えるようになったのかな…と。

最後の2週間は

授業6時間(オプションクラス含む)

+1日3、4時間の自主学習

+思い出作り?(外食とかおしゃべりとか)に勤しんでいたので、

今までやったことの復習を会話で使ってみたり、、、そんな感じです。

友達や先生、スタッフの人とのおしゃべり(英語で)も十分勉強になると思っています!

英語への抵抗や、恐怖心が全くもって払拭されたのは、この3か月での大きな収穫です。

映画を字幕なしで見てみよう!とか、

レストランでオーダーしてみよう、

道を尋ねてみよう!とか、、

普通に、フィリピンの生活に馴染むのと同じように、言葉も自然と出てくるようになりました。

3か月前は、文法も発音もめちゃくちゃだったけれど、(未だに混乱しますが)

そこは改善されたし、発音も気を付けて読めるようになりました。

ここへ来る前、私は発音記号の読み方が解らなかったのですが、それも解るようになったし、

英語をしゃべる土台がしっかりできた、というのがこの3か月での大きな成果だと思います。

MJ