読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【MJ】MONOLのTOEICコースを徹底解剖

MJです。

今週も友達をお見送りしましたよ~~泣

バッチメイトのお見送り。真夜中エントランスにて。

みんな帰るときにお見送りするんですよ。

バイバイするために、自然とみんな集まってきて…泣ける!!!

次々とみんなが帰っていくのを見送るのは、辛い~!仲良くなった分だけ、寂しい~!っていうのを、

先生に話したら、この間とてもいいセンテンスを教えてもらいました^^

Don’t cry because it ended.

Smile because it happened.

何も起きなかったら、いかなる感情も湧かないですもんね!

出会いも別れもいい経験。そんな経験ができることに感謝です。

今週はTOEICコースについてお伝えします。

TOEICコースは7時間のマンツーマンです。

※現地でESLやISコースから移動すると差額が発生します。(1か月+12,000ペソ)

リスニングとリーディングの授業はそれぞれパート毎に授業が分かれています。

・リスニング1(写真描写問題)

・リスニング2(応答問題)

・リスニング3&4(会話問題・説明文問題)

・リーディング5&6(短文・長文穴埋め問題)

・リーディング7(1つの文書・複数の文書)

この5時間が主にTOEICの提出問題に沿って行う授業です。

・グラマー(文法の基礎を学びます)

・ディスカッション(各々トピックに沿って話をします)

上記2時間の授業は選択制で、TOEICの問題の授業ではありませんが、

英語を話すうえで大切な授業です。

合計7時間のマンツーマン。

それぞれの授業は、ESLやIntensive Speakingと違い、1時間のみの各コマなので、

毎回すぐに終わってしまう感覚です。

基本的にはTOEIC試験と同じ問題を授業中に解きます。

その都度、解説が入ります。

(リスニングだったら、紛らわしい単語だったり、この疑問文にはこういう答え方をするなど、

リーディングだと文法の確認をするのはもちろん、読解法などを教えてくれます。)

基本的に、

・簡単なコミュニケーション

・文法や会話の授業

・解き方(how to)

・問題を解く

・解説

以上が、授業の流れです。

教科書7冊。

グラマーの確認。もちろん覚えたほうがいい単語も、各教科書にマークされています。

コミュニケーションパート。

授業中にスピーキングも行いますよ!

また、毎週金曜日にテストがあるので、どのくらい実力があがったか確認することもできます。

ちなみに試験の部屋はこんな感じ。

同じTOEICコースをとっている人たちとテストします。

(MONOLはTOEICコースの受講者は少なく、このあと日本に帰る人がとります。

この後海外に行く人はIELTSコースが多い。)

今、3週間TOEICコースを受け終わりましたが、 TOEICコースを受けてみて感じたことは、

「単語がわからない!!!!!」です。

ちなみに最後にTOEICを受けたのはかれこれ7,8年前。(たぶん)

ESLコースの時のボキャブラリーと比べると知らない単語数が。。。。。半端ないです。T^T

問題が多い分、文章や単語、イディオムも多いわけで。

リスニングも長文はかなり集中しないと、途中で訳がわからなくなるし、

単語がわからないと解けない問題も多い。

初週は自分の実力にがっかりしました><

でも、めげずに(笑)

TOEICテストで出てくるイディオムやボキャブラリーは日常会話の中でも使えるので、かなり勉強になります。

ただ、ある程度の基礎がないと、それを覚えるだけで精一杯になってしまいます。

基礎がない人にとっては(私)、結構チャレンジです。

恥ずかしいんですけど、ここで私のスコアを、、、公表、、、しなければならないみたいなので。。泣

1週目 450点(くらい。悲惨)

2週目 550点(くらい。ちょっと上がった)

3週目 670点(問題を解くペースがだんだんつかめてきた

まだまだ分からない単語や、形容詞、副詞などの穴埋め問題にひぃ~ってなるんですけど、

スコアだけを見ると、ちょっとずつ上がっているんですよね。

時間内に全部解けないし、まだまだスコアも低いので、喜んでいいのか分からないですけど、

このまま続けたら着実にスコアは伸びる気がします!

TOEIC対策がメインですが、マンツーマンなので喋ろうと思えば、いくらでも喋る機会を得られるので、

スピーキングしたい人にもオススメです。

実際、私はTOEICのスコアが必要だったわけではなく、

結構むずかしいけど勉強になるよ~という話を聞いて、チャレンジしてみたくてコースを移行したので。

必ずしも、最終目的がスコア!じゃなくてもいいと思いますよ~!!

マンツーマンの授業がもっとほしい!!とか、

テスト形式で、リスニングや長文読解を強化したい!とか、

とにかく単語を習得したい!!とかでも…。

先生達もTOEICやIELTSのクラスを専門で持っている先生(長年教えている先生)が多いので、質が高いと思います。

授業中の会話などもきちんと直してくれます。

(あ、でも先生にもよります。直して!合ってる?って確認しないと、そのまま聞き流す先生もいます。)

ちなみに、最後のタームはこれ以上、追加料金を払えないので(泣)

Intensive Speakingに戻るつもりです。

空いた時間で、TOEICコースで学んだことを復習しようと思っています!

以上~MJでした!!