読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学ならバギオの格安校 MONOL公式ブログ

フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOLの公式ブログです。現地スタッフがMONOLの日々をご紹介!

【Yucchi】フィリピン留学するならバギオ

モノルン滞在記(日本人卒業生)

yucchi

(20代後半女性、ESL8週、4人部屋)

初めはバギオ自体を知らなくて、セブでの留学を考えていました。

どのエージェントさんに行ってもセブを紹介されたのですが、その中でバギオを勧めていただいたエージェントさんがきっかけです。

授業は50分ですが(Speaking, Listeningは2時間)、

いつもあっという間に終わるので、とても楽しかったです。

ただ、授業によっては進めるページが終わると、「休んでいいよ!」、「残りの時間はtalkしましょう!」という授業がありました。

それでは、50分やっている意味があまりないので、できれば次のページを進めるとか時間を有効に使いたかったです。

また、その逆の先生もいて、時間ぎりぎりまで教えてくれる先生もいたので、本当に先生によって違うんだと思いました。

2か月いて、最初の1ヶ月だけひとり合わなかった先生がいたのですが、その方以外はとても楽しく授業をさせてもらいました。

ひとりの先生にとても良くしていただき、1週間でリタイヤしたGrammarを2時間ある授業の中で教えてもらったりしました。

分からなければ、分かるように説明してくれたり、先生によっては全く黒板に書いてくれない先生もいたのでそこは残念でした。

私は違う部屋を2回使ったのですが、その2回の部屋両方で水漏れが発生したので、結構な度合だったので、もう少し減ると良いです。

部屋はとても使いやすかったです。

トイレとシャワーが分かれているのはとても良いですね。

私は基本平日は出歩けない規則がとてもいいなと思いました。

平日OKだと、誘惑に負けて出歩いてしまうと思うので、、、

お酒も飲めない規則も日本ではほぼ毎日お酒を飲んでいた私にとっては良かったです。

ただ1つ、週末の門限12時を少し緩和してほしいと思いました。

モノルに最初来たときは不安しかありませんでしたが、今振り返るととっても楽しい学校でした。

どの方を見ても、モノルの先生や給食の方、掃除の方はニコニコしていて、

そして、先生ではない方々にまで名前を覚えてもらい嬉しかったです。

勉強は、平日は基本毎日宿題がでるので、3~4時間は勉強していました。

土日は自分の覚えたいことに時間を使っていました。

机も広いので、とっても使いやすかったです。

私はフィリピン=セブ留学だと思っていたのですが、フィリピン留学に行くならバギオ、

そして、モノルに来てほしいと思いました。

もちろん残念だった点もあります。

しかし、それ以上にこの学校では英語が全然喋れなかった私に、

学校の方々皆が親切、フレンドリーだったので居心地がよかったです。

なので、全く喋れない私も溶け込めました。

英語が苦手な方でも居やすい環境だと思うので本当にオススメです!