読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学ならバギオの格安校 MONOL公式ブログ

フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOLの公式ブログです。現地スタッフがMONOLの日々をご紹介!

【Riho】フィリピン留学 MONOLでの3ヶ月(バギオ)

日本人学生レポーター

こんにちは!!

私は、フィリピンバギオのMONOL語学学校にて、2月6日~4月30日まで

3ヶ月留学しました、学生レポーターのRIHOです!

今回は、この3ヶ月を振り返ってのフィリピン留学のメリットやMONOL語学学校の様子を

私の意見や感想を交えながらお伝えできればと思います!

まず、初めに私は沖縄県で働いていましたが、転職を機に少しでも将来に役立てればという思いで留学を決めました!

また、初の海外で1人!ということもあり、治安面を第1条件として、

その中でも学校ルールが厳しく、勉強に集中できるMONOLが私の条件にもぴったりだったので

3ヶ月留学にチャレンジしてみることに決めました!!

MONOLでは3+1部屋という、先生1人と生徒3人の部屋のコースで3ヶ月過ごしました!

外国もそうですが、初めての共同生活でまた、先生がいる状況で1日中、

英語の環境にストレスなど感じないか心配でしたが、先生は私のペースに合わせてゆっくり話してくださり、

私の話した文章を理解して、訂正していただきながら会話を毎日してくれました!!☆

また、ルームメイトも私以外は韓国と台湾の方だったので、常に英語に集中できる環境で

毎日1時間のルームディスカッションもあり、その点でもとても満足できる素晴らしい

MONOLのサービスのひとつだと感じます!!

学校の設備面では、生徒数が多いこともあり、グループとマンツーマンの教室が100以上あり、

授業以外でも自由に使うことができ、通常授業以外のオプションでゴルフやヨガなどのアクティビティも自由に参加できます。

学校にはその設備や少し小腹がすいた時のためのカフェや売店なども設置されていて、

外に出なくても十分に困らないほどの設備が整っていました!

また、教室以外ではWi-Fiが使えます。それも困らないほどの速さだったのでとても便利で

正直この設備にはとてもびっくりしています!

また、毎日の食事に関しても、フィリピンの語学学校は韓国人に合わせたメニューや食事の種類が少ないと聞いていたんですが、

私は、毎日10種類以上のたくさんの野菜や果物、メインもカレーや日本食に似た焼きそばのようなものが食べれましたし、

毎日とても美味しく満足できました!

(他の学校を経験している方は必ず、MONOLの食事は、

フィリピンの語学学校の中でも凄い!良い!とおっしゃっていました(°Д°))

授業面に関しては、私は2か月間Regular ESLコース、その後TOEICコースで1ヶ月学びました。

ESLコースではマンツーマン3時間、グループ4時間、オプション1時間、スパルタ3時間

1日合計11時間学びました!

私の性格上、授業数が少ないと遊んでしまいそうだったので、

クラス数を増やして勉強したんですが、やはり詰込み型だったので、

授業が終わると忘れないか心配だったんですが、MONOLの宿題のスタイルは

その日授業で学んだ内容を必ず復習するように、教科書が設計されていて、

次の日も先生ともう1度振り返りながら次の内容に進んでい内容だったので、

とても私の手助けになっていて、MONOLの復習重視型のスタイルは私には合っているなと感じています!

その2か月後、もともとTOEICにチャレンジしてみたかったこともあり、TOEICコースへ!!★

授業では、TOEICの試験対策に向けて学校が用意しているたくさんの例文を何度も繰り返し、いろいろなパターンに触れて、応用力をつけました。

コースは違えど、MONOLの重視している「復習」という部分や、先生の進め方などは似ている気がしました。

また先生たちは、授業では的確なアドバイスをくれたり、私のつたない英語でも積極的に理解するように取り組んでくれたり、

授業の進め方もみんな同じようなスタイルで統一して進めてくれたので英語学習が入ってきやすく、学びやすいスタイルだと感じました。

授業以外でもみんな気さくに話しかけてくれたり、週末は一緒に出掛けたりして交流することができ良い経験です。

TOEICコース変更後は、17時からその日の授業の復習、応用、週末は試験対策に向けていろいろな過去問にトライしました。

もともと仕事のためにTOEICのスコアが必要というわけではなかったんですが、毎週金曜日の模試が向上心につながります。

ちなみに、私のスコアですが、もともとが低かったこともあり、現在が特別ハイスコアではないのですが、

MONOLのTOEICコースで現在3週目なのですが、模試で200点あげることができました!

1ヶ月約100点の伸び幅だと日本で聞いていたので、この伸びには満足していて、

日本に帰っても必ず勉強を続けてさらにハイスコアを目指したいなと思います!

学校のルールとしては、平日17時から21時、週末は土曜日が24時まで、日曜日が21時まで外出できました!

なので、初めの1ヶ月はバッジメイトや仲良くなった先生、ルームティーチャーと平日ディナーに行ったり、

週末はバギオの観光スポットをまわったりしてオンオフ楽しみました。

個人の過ごし方にもよりますが、私は積極的に他国の学生を交えてご飯に行ったり、

自分からルームティーチャーを誘ってご飯に行くようにしていたので、英語を毎日耳にすることができ

その環境で自分から英語で会話するということが自然にできていたと思います!

これから留学を考えている人にはぜひこうした姿勢をおすすめします!!

最後に、この3ヶ月を振り返ると正直とても早く感じています!

来る前は3ヶ月もいられるのか心配していましたが、初日を過ぎると新しい環境に慣れることにバタバタで

24時間英語漬けの環境に慣れたり、多国籍の友達をつくったり、

フィリピンの現地の人とたくさん会話したり、みんなと楽しんで3ヶ月間英語を学ぶことができました!

自分の英語レベルの4技能に関しても、実感できるほど伸びているなと感じます!

来る前の最初のレベルが高くはなかったので、現在とてもペラペラに話せるほどではないのですが、

来る前は単語すら出てこず、何を言っているのかもわからない超初心者レベルでしたが、

現在は、先生との会話も聞いて理解でき、それに対してゆっくりではありますが、答えることもできるようになりました。

また、英語に対しての不安や恐怖心も消え、自分から先生や友達に話しかけて、冗談を言い合ったりして会話を楽しめるほどになりました。

あと数日でMONOLを去りますが、日本で勉強を続け、落ち着いたらMONOLでまた勉強にチャレンジするつもりです(*^-^*)

今度はIELTSにもチャレンジしてみたいです「!(*^^)

最後に現在フィリピン留学を考えている方、

まだ、留学したことが無い方、

ぜひ、ここMONOLでの留学を自信をもっておススメします!☆

治安の良さ、コストパフォーマンス、ごはんが美味しくて、勉強にも集中できる

MONOLのメリットはたくさんありますが、どれをとってもすごく満足できる内容でした。

初めての海外、一人暮らし、初留学のこの私がここにステイできたのは

ここMONOLだからだなと改めて感じます。

それでは以上、この3ヶ月のMONOL留学を振り返って、留学生のRIHOがお伝えしました!

この内容がこれから留学を考えている方のお役に立てれば嬉しいです!!(*^^)V☆