読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学ならバギオの格安校 MONOL公式ブログ

フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOLの公式ブログです。現地スタッフがMONOLの日々をご紹介!

【Salem】Monolで年越し!サウジアラビア学生をご紹介

日本人スタッフのつぶやき

みなさんこんにちは!

フィリピン留学、どんな人がいるんだろう…?

どんな国の人がいるんだろう…?

気になりませんか?

日本資本の学校は、学生のほとんどが日本人学生さんなのではないでしょうか?

MONOLは韓国資本の学校です。

韓国資本の学校だと、韓国人ばかりなんだろうな~…って思いますよね?

実際とても多国籍なんです!

現在の比率は、というと…

韓国53%、台湾15%、日本15%、中国14%、その他(ベトナムサウジアラビア、ヨルダン)3%

MONOLはバギオで唯一といっていいほど、中国台湾人学生が多い学校です。

比率もどんどん良くなって、自然と英語を使うシチュエーションが増えてきますね^^

現在、当校にはおよそ200名の教師含め職員がいます。

学生と合わせると400~500名ほどが1日7~8時間、同じ建物内で過ごしているということ!

私は小(~40名)、中(~100名)、大(~300名)規模校、すべて経験していますが、

実際、小規模校の方が融通効かないというか、対応が遅く感じます…

なにか修理するにも外部委託なので、留学期間中ずっと水シャワーとか、Wi-Fiなしとか普通でした。

大規模校でも組織的に機能していれば、細かいケアも十分なんだな~とここに来て感じます。

それでは、本題。

バギオを、そして、MONOLについて分からないことはないんじゃないか…

MONOL最古参学生のAlmuzil Abdulrahman Salem Aさんをご紹介します。

Salemの本名…長い…。

なんですか、この熟練の雰囲気…(笑)

私たちが想像するアラブの服装ではないですよ~

いたって普段着。

とても保守的な文化をもつ彼らですが、こうした文化をしれることも留学の醍醐味ですね。

(MONOLに来なければ、日本じゃ絶対に出会えないし仲良くなれない!!!)

もちろん宗教行事がある際には、伝統衣装を身にまとうSalem氏。

素敵な笑顔!!!

去年の12月に入学して延長に延長を重ね…

食事や文化も全く違う環境の中で5か月以上勉強を続けるSalem

尊敬します!

毎週金曜日にはバギオにあるモスクに行く彼。

フィリピン現地の生活にも慣れ、他国の生徒とも仲良く過ごしています。

そして、アラブの学生は、英語の上達が本当にはやい!

最初は4週の留学予定でした。

4週経った頃、卒業のオリエンテーションでは全然意思疎通できず…

ずっと、stay! stay!とだけ言っていました…

そして、同じ国の友人を連れて来ては通訳しているうちに、

最終的に、I want to stay more, so extendとまで…

現在、IELTSの点数のため勉強を続けています。

ここでの生活が2か月残った今、目標のIELTSスコアに向けて頑張るSalemです。