読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Syeri】MonolでTermを終えて感じたことまとめ

いつの間にかもうTermの最終日です。

マニラまで飛行機に乗ったのがつい最近のようで、

時間が経つのが本当に早く感じます。

私より前に来た学生がいつも言うことなのですが、

最初の学期より2学期目の方がもっと早く感じるそうで、

今最初のtermが終わったこの時点で、次の学期はどれほど早く過ぎるのか怖くなります。

今日は、およそ1ヶ月の生活を整理して共有できればと思います。

まず、Monolのピックアップは土曜日の夜8時から1時まで行われます。

マニラ空港からバギオまで5時間程度かかるため、

移動時間を夜にしているようです。

私の場合、土曜日の夜23時を少し過ぎて、マニラで入国審査を受け、

荷物をとって、待ち合わせ場所に向かい、マネージャーの方を会って、高速バスに乗りました。

ひとつの車両で全員で向かうため、ピックアップが終わる1時ごろまで待って出発です。

フィリピンに来る前に代理店から聞いていたのですが、

バギオに向かうバス内はとんでもなく寒いので、ブランケットや上着が必要です。

エアコンは乗ってから降りるまでずっとついているので

最初マニラ空港に到着して暑くて上着を脱ぎますが、そのままバスには持っていきましょう!

そして、6時ごろバギオMonolに到着して、部屋割りを受け

少し休んだ午後13時に食堂に集まり、簡単なオリエンテーションをし、シティツアーに向かう準備をします。

その前に私はシャワーを浴びて、うとうと寝ていました。

高速バスでは顔を洗うこともできず、5時間以上座っているので、

深い眠りにつきます。

そして、お昼ご飯を食べた13時、SSP(特別就学許可)申請書の作成をしてシティツアーに向かいます

ジプニーに乗ってSMモールに向かい、両替をして簡単にショッピングもします。

この時に絶対買うものとしては除湿剤とトイレットペーパーです。

次の日は午前中レベルテストをして、12時前に終わり、お昼ご飯を食べ、

午後オリエンテーションをし、夜21時にはピザパーティーです。

ピザパーティーが行われる前後でESLのスケジュールが出ます。

食堂階やロビー階、教室階の掲示板で、自身のレベルや授業時間、教室が張り出され、

次の日の火曜日から授業が始まり、開始に合わせて、場所や時間を確認して行きましょう。

今学期で体調を崩したことがあって、その時クリニックに行ったら

看護師の存在とその親切さで、細かく症状について質問をしながら処方してくれました

日本から一応薬をそろえてきたのですが

郷にいては郷に従えの通り、フィリピンに来たらフィリピンの薬で治すのもありです。

そして、学期最終日にはテストがあります。

大体授業で習った内容と似たようなものが出るので、それほど負担にはならないのでご安心ください。

短いと言えば短いし、長かったといえばそうだった4週間でしたが、

日本で想像していたより早く適応もできたし、

いろいろと満足できた4週間でした。

次の学期の4週間も更に期待できますね!!