【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Grace】モリスNo.17「ビジネス英語コースのプレゼンテーション準備!」

こんにちは。

今日はビジネスイングリッシュコースについての経験談をみなさんにご紹介します。

Monolにいる学生が興味津々のようですね…

それでは、リアルな体験を分かりやすく整理してご紹介!

準備OK

[Post-Employment Coursd]

Subject

Time

Class

1. Business Writing

2 Hours

Man to Man

2. Business Reading

1 Hour

Man to Man

3. Business Speaking

2 Hours

Group

4. Business Communication

2 Hours

Group

Total

7 Hours

上記のように1日7時間です。

カリキュラムには本当に多くのアクティビティがあるので1回では整理できません(笑)

また今後経験するものもあって、きちんと科目別に情報共有できたらと思います!

下の写真が教科書です~

Business communication の授業は教科書が中心で、

学期第2週から毎週金曜日に 3回の発表があります。

そのテーマは毎回変えられて先生が教えてくれて、

その時からプレゼンテーションのために PPTで資料作成がスタートします。

発表時間は 15~20分です。

スライドの量は 10枚以上になりますね。

最初のプレゼンテーションは好きなブランドについてでした。

単純に好きなブランドとその理由ではなく、ビジネス英語らしくマーケット調査も行います。

すなわち、好きな理由とそのブランドに対する詳細な調査及びブランドの競争力や競合などの調査をするのです。

私はこのテーマをきいた後、インターネットが1番繋がる食堂に行って、すぐにリサーチを始めました!

参考に、みなさんにTip!

私の資料をサンプルでお見せします。

こんな感じで目次

派手にするより、分かりやすくシンプルに。

どんな感じなのかだけでも分かると嬉しいです~

資料を準備して感じたのは…

正確な事実と根拠を基に作成しなければならなくて、リサーチする部分でかなりの時間を要しました。

ただ、一番良い点は英語で多くの資料を調査しながらたくさん読むので

自然に量を接するようになって英語に対する恐怖心や億劫さが減りました。

それに初めて作成する英語資料だととても感慨深かったです。

私が本当に英語でちゃんと説明することができるか心配でしたが、一度試してみようと思います。

皆さん!こんな私を応援してください!

そして、今週金曜日の発表を終えた感想を共有しますね!

ビジネス英語に関心がある方々に良い資料となるよう、頑張ります!

次回のモリス(モノルリアルストーリー)は2回目の発表の case studyについてお伝えします!

ありがとうございました。

BY GRACE