読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

フィリピン留学について教えてください。

【sinzitu126さんからの質問】

フィリピン留学について教えてください。

福岡からフィリピンへ留学しようと思います。

留学したい理由は、今ホテルでアロママッサージの仕事をしています。

お客様に外人さんもいらっ しゃって、コミュニケーションを取りたいと言う気持ちと、

あと、旅行が大好きで旅行しながら働きたいのですが客船のマッサージセラピストの求人を見て本気で働きたいから勉強したいと思いました。

ただ、語学力と言えば話せないに等しいレベルです。

あと、独身アラサーと言うこともあり焦りもあります。

留学で求めるのは、語学力を付けてコミュニケーションを取る事です。

学校選びを今してるんですが、

分からない事が分からない

と言う状態です。

何を確認したらいいのか?

何を基準に学校を選んだらいいのか?

色々意見が欲しいです。

よろしくお願いします。

【Monolの回答】

「本気で働きたい」という意思をみる限り、勉強に集中される方が良いと思います。

まず、語学の勉強から離れれば離れるほど、文法やら単語やら一からとなってきます、しかも英語で。

遊ぶ時間を持たない前提で話します。本気で働きたい方には、本気で勉強して、留学の満足度を得てほしいからです。

語学は本当に終わりがないです。

ペラペラに話せているように見えて、実は文法やら発音やら問題があったり。

フィリピン留学をしたからといって、「英語に慣れる」とは言えても、

出国以前の期待とはほど遠い、成長過程になることでしょう。

もちろん、本人と環境次第です。

私達がどう日本語を身につけたか考えてみましょう。

赤ちゃんの頃はもちろん読み、書き、聞き、すべてができませんでした。

赤ちゃんが日本語を話せるようになるのは環境です。

そこに日本語を話す親や周囲の人間がたまたまいただけです。

その後、小学生からは国語という教科を設けて、長い時間をかけて学びます。

この環境と(強制でも)机に向かった努力こそ、今私達は日本語を母語としています。

フィリピン留学に置き換えれば、

いかに周りが英語を使う環境か、いかに勉強する時間を確保できるか(そのモチベーションを保てるか)、

考えましょう。

①周りが英語を使う環境か

授業以外に英語を使わないような環境では、受験勉強・駅前留学となんにも変わりません。

むしろ、そちらの方が賢いでしょう。

せっかく、日本を飛び出すのですから、周りが英語で喋りかけてくれるような学校がいいですが、

あいにく、フィリピン留学は初心者が多いのが事実です。

初心者であれば、もちろん英語を喋るのが苦手で、つらくて、億劫で、日本語を喋ってしまえば早いでしょう。

だから、EOP制度があるのです。

制度はあっても、きちんと運営されているか、日本にいては分かりません。

またまた、学校に数時間いたところで代理店さんも分かりません。

ここは、正直に言って口コミサイトを見るしか方法はないでしょう。

もちろん、上級者オンリーのキャンパスなんかは、EOPがなくても英語で話すでしょうが…。

②いかに勉強する時間を確保できるか

私達は国語の授業で、日本語の文法やら漢字やら、語彙を増やして覚えてきました。

授業で習ったことを1度で覚えられる子供はいません。

お家に帰って、音読の宿題があったり、漢字練習帳があったり、作文の練習があったり。

子供ですから、「宿題」と「テスト」という強制力で自宅でも勉強をしていたのです。

フィリピン留学も一緒です。授業をしていただけで身につくはずもありません。

授業以外の時間の方がよっぽど大事です。

むしろ、フィリピン留学の特長である長時間授業はインプットの初期段階にはなりますが、

授業以外の時間を尊重していない気がします。

意外かもしれませんが、いかに授業以外の時間を充実させるかを考えましょう。

「復習」できる環境が整っているか。

質問者さまがおっしゃっているように、ビギナーの方はわからないことがわからないのです。

ある程度、授業のカリキュラムだったり、復習の仕方まで決められている方が良いという方には

当校は合っていると思います。

最近はフィリピン留学の人気が上がるとともに、失敗組と呼ばれる学生が目立ってきています。

ケース① 新しい仲間との出会いに感謝

ケース② スパルタで長時間授業したけどただただ疲れて、放課後は遊んだ

ケース③ 日本人だらけでずっと日本語で喋っていた

ケース④ マンツーマン授業だけだと、人前では話せない

ケース⑤ 転校(高いお金を無駄にする、してでもいいから移りたい)

ケース⑥ 違法校から強制送還

インターネットで調べられることはたくさんあります。

ご自身がお金を払うのですから、最終的にご自身の価値判断で学校を決めましょう。

「なぜ、この学校?」と聞かれて、

「安い」

「マンツーマン授業が多い」

こんな答えは論外です!勉強の本質ではありません!

明確な理由が言えるくらいの情報収集を少なくともしましょう。

このブログにたどり着くくらい(笑)

フィリピン留学/バギオの復習特化型中規模校

Monolの公式HPはこちら