【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

フィリピン留学についてです。

【ID非公開さん】

フィリピン留学についてです。

1:1授業が多いと聞いてフィリピンに決めました。

学校は韓国資本の学校が多いみたいですが、

やっぱり実際に韓国人がそんなに多いんでしょうか?

日本人への対応が悪いとかそういうのあるんでしょうか?

なるべく英語漬けになりたいので、

できれば日本人が少ない学校に行きたいと思っているんですが、、、

よろしくお願いします。

【monol_baguioからの回答】

はじめまして。

バギオ地域にありますスパルタ英語学校のMONOLで

日本人マネージャーをしている者です。

フィリピン留学を検討する学生が1度は迷う、

「韓国資本 vs 日本資本」

現在日本資本の学校が続々できていますが、

当校も含め、長い歴史のある学校はやはり韓国資本の学校ばかりかと思います。

(「フィリピン留学」という市場を開拓したのはやはり韓国人ですから…。)

現在500以上の学校があると言われ、学校間の競争も激しくなっている中

質の悪い学校は淘汰されてきているということは確実に言えます。

実際に韓国人が多いのかというと、学校によるのは間違いないですが、

どんどん国籍が多様化していることは確実です。

当校にいたっては、韓国資本にも関わらず、「韓国色を全く感じない」とのお声をよくいただきます。

(オーナーも「私はもう韓国人じゃない」なんて冗談で言ったりもするんですが笑)

現在、8か国の国籍の学生が在籍しています。

韓国、中国、台湾、日本、ベトナム、モンゴル、タイ、サウジアラビアの学生が

同じ教室で英語を勉強しています。

当校だけに限らず、フィリピン留学は国際色豊かになってきています。

韓国人が多いのは間違いなく事実です。

それほど、韓国ではフィリピン留学がメジャーな選択肢なのです。

また、韓国資本だと日本人への対応が悪いということはまずないかと思います。

歴史的な背景などを考えてのことかと思いますが…

ただ、日本人マネージャーはいるにこしたことがないです。

日本人の考え方や心情がわかる、母国語で細かいニュアンスを伝えられる人間がいるというのは、様々な事態を考慮しても安心できます。

特に英語初心者であればなおさらです。

英語漬けになりたいという考えは間違いなく正解です。

というのも、私たちは日本語を学習して身につけたのではなく、

生活の中で時間をかけて身につけてきました。

語学というのは、それほど習得が難しいというのに、

授業時間のみ英語を喋るだけであれば、日本で駅前留学しているのと変わりません。

つまり、1日中英語を使う環境が必要です。

EOPがきちんと実施されている学校を選ばれるといいかと思います。

EOP = English Only Policy(母国語禁止制度)です。

掲げているだけでなく、きちんと実施されている学校をお選びください。

実施されているかは、過去の口コミなどを見ていただければいいかと思います。

質問を見る限り、真面目に勉強をして、留学を成功されたい方という印象を受けます。

日本人が少ない学校ということであれば、当校のございますバギオ地域もおすすめです。

セブ地域が日本人だらけという情報はあながち間違いではないのかなという印象を、私個人が最近抱いているというのもありますが、

当校にいらっしゃる学生さまも日本人が少ないという理由でバギオ地域を選んでいる方が多いためです。

最後に、マンツーマン授業が多い=英語が伸びるということではございません。

たくさん話せるという理由からかもしれませんが、授業以外の時間の方がよっぽど大事です。

習ったものは授業以外の時間で必ず復習する、次の機会に使ってみる

この使ってみるというようになるまでの工程は果てしなく長いのです。

そして、このインプットとアウトプットを何十回と繰り返して、やっと身に付きます。

フィリピン留学=マンツーマン授業が多いという理由で選ばれる方が多いのは事実ですが、

能動的に勉強ができるような環境、学校を選ぶ、やはり、学生様自身がモチベーションを保てる環境を選んでください。