読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Sook】レベルテストと正式なオリエンテーション

MONOLでの公式日程!

学期初日の月曜日朝8時から、B4(地下4階)ダイニングに行くと、

隣接するカンファレンスルームにてレベルテストが行われます。

みんな真剣に試験に臨む姿。

私はレポーターの任務を果たす姿。パシャパシャ。

実はこの時先生を待っていたので盗撮。

顔を写していないので許してください><

レベルテストは、リスニング・ライティング・スピーキングパートで構成されます。

リーディング?…あったっけな~(笑)私の記憶が…

リスニング、ライティングはダイニングで試験を受けます。

スピーキングはマンツーマンで先生と簡単なインタビュー方式です。

もちろん英語で15分程度^^

レベルテストなので気楽に受ければいいのです。

緊張したり、ストレスを感じてしまうのはどうしてもやむを得ないかもしれませんが…

しかし、英語を勉強しに来ているのだから、できなくて当たり前なのです。

現地で留学を終えたとき、最初より英語力が上がっていたら成功!のようです。

レベルテストが終わると、ビザ延長費用や寮の保証金を払います。

レベルテストに来るときに一緒にお金も持ってきましょう。

少し休んで、お昼を食べて、オリエンテーション(2回目)

午後は、各国マネージャーがそれぞれの国籍の学生に

母国語でオリエンテーションをします。

席に座っていると、缶コーヒーと学生手帳が配られます。

学生手帳には、学校の歴史、カリキュラム内容、勉強法から

ペナルティについて、洗濯サービスについて等、細かく書かれています。

ちゃんと読むと、分からないことはほとんどないでしょう。

最も記憶に残っている部分は、

EOPのペナルティの話の途中、

「うわっ!びっくりしたっ!」ぐらいもだめですか?と学生がきいて、

マネージャーが「Ooooops! Oh my god!」といいましょう」というくだりですw

思い切り笑ってしまいました。

これで、月曜日のスケジュールはほぼほぼ終わりです。

日曜日と月曜日の両日程はすべてB4ダイニングにて行われるため、

月曜日の休み時間には学校内をまわって見てみるのもよさそうです。

ランドリールームやヨガルーム、ゴルフ場、売店、教室などなど。

日曜日にはMonolの先生が英語で校内を案内してくれますが、

1度に覚えられず、ついていくだけになってしまいがちなので、

自分で1度ぜんぶ見てみましょう!

火曜日からは授業が始まって1日中忙しく、

時間のある時に前もって、

エレベーターが止まらない階があったり、

隠れた階段があったり、

探検するといいですよ^^

初めてひとりでまわったときには

本当にぐるぐる迷ってたくさんの人に聞いたのですが、

ここに来て1週間で大体のことは分かりました。

明日からは本格的に授業です!!

ドキドキ!大丈夫なんだろうか…!