【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Mariko】卒業スピーチ

新年明けましておめでとうございます。

先月ご卒業されて、現在イギリス留学中のMarikoさんが

卒業式用にご準備されたスピーチ内容のご紹介です。

3ヶ月間の留学(ESL2か月、IELTS1か月)で、

発音もかなり矯正され、見違えるようなりました…。

動画が載せられず残念です…。

My name is Mariko. I arrived here in Monol three months ago. Time flies by so fast. I can’t believe that today, I’m leaving. I am happy to spend on time in Monol.

Firstly, I really appreciate for my teachers. Each teachers are funny, kind, and eager to teach. They welcome my questions and taught me detailed instruction. Also, they like singing, dancing and giving penalty. So, I received and enjoyed many penalties. For instance; free hugs, face painting and eating spicy pancit canton (Philippino food). It’s here that I’ve realized teachers not only teach because they have to but they teach because they love to. I always thought that Monol is far different from academies in Japan, Here, I could find teachers who I can talk and share a lot of things with, and also learn from at the same time. I’ve never met the likes of Monol teachers in Japan. Thank you for having me in all your classes.

Secondly, I really appreciate my friends, especially over 40 people from my batch mate. In Japan, I couldn’t imagine having so many friends from several different countries. They are sometimes serious and sometimes crazy. I feel like I am an university or high school student again. I hope their dreams will come true.

Thirdly, for the kitchen staff. Thank you so much for cooking delicious foods. When I was sick, your rice soup helped me recover. Thank you for remembering my name and greeting me every meal time. Please continue cooking delicious foods for hungry Monol students.

Lastly, I am grateful for everyone’s support; to my soul mate, Kazu; to my Japanese manager, Amelie; and to my beloved room teacher, Mylen.

Since my leaving has finally arrived, I just want to say that I really had the most enjoyable and wonderful stay here. Advance Merry Christmas to everyone.

Marikoです。私はここMONOLで3ヶ月生活しました。時間が過ぎるのは早いです。今日MONOLを旅立つなんて実感がありません。MONOLで過ごした日々はとても楽しかったです。

まず、私が感謝したいのが先生の皆さんです。先生方は陽気で優しく、教えることにとても熱心です。私の質問もよく聞いてくれて、詳しく解説してくれます。また、彼らは歌ったり、踊ったり…ペナルティをあげることが大好きです。多くのペナルティをもらい、楽しみました(笑)フリーハグやフェイスペイントやスパイシーパンシッカントン(フィリピンのやきそば?)を食べたり、良い思い出です。ここに来て気づいたのが、ここの先生はただ教えているのではなく、教えることが大好きなのです。MONOLは、日本の学校とは全く違います。たくさんのことを話して共有したりすると同時に多くのことを学びます。日本ではこのような先生には出会えませんでした。良質なクラスを提供してくれてありがとうございました。

また、40名以上のバッチメイト(同期入学生)には特に感謝しています。日本にいた時には、こんなに様々な国籍の友人ができるとは思ってもみませんでした。彼らは、時には真面目で、時にとても面白いです。学生時代に戻ったような気分でした。彼らの夢がきっと叶いますように。

次に、キッチンスタッフのみなさんに「いつも美味しいご飯をつくってくれてありがとう」と伝えたいです。私の体調が悪かった時に食べたお粥には助けられました。食事時間にいつも、私の名前を呼んで話しかけてくれてありがとうございました。これからもお腹を空かせたMONOLの学生に美味しいご飯をつくってください。

最後に、ソウルメイトのKazu、日本人マネージャーのAmelie、大好きなルームティーチャーのMylen、私を支えてくれたすべてのみなさんに感謝しています。

ついに旅立つ日が来ましたが、私が最後に言いたいのは、ここで本当に楽しく、本当に素晴らしい生活を送れたということです。少し早いですが、みんなにメリークリスマス!