【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Syeri】フィリピン留学のそれが知りたい-Writing

こんにちは。

前回からMONOLのESLについてお伝えしております。

私の場合、リスニングの授業が終わると、スピーキングの授業ですが、

今回は次に飛んでWritingの授業についてです。

まず、Writingは1時間のグループクラスです。

ひとつのユニットを2日かけて学んでいくのですが、

初日のテーマに合わせ、各自考えを書き、話し合い、

作文において必須の文法と使える構文を学びます。

そして、授業が終わると、テーマに合わせてエッセイを書きます。

宿題をすると次の日コピーをするために、朝10時ごろコピー機に向かいます。

しかし、朝は頭が起きていないため、その時間に提出したことは1回だけで、

コピーに時間がかかる訳でもないので、授業時間に出すことも可能だが、

授業の妨げとならないよう定時に提出しましょう。

私のライティングのグループは私を含めて3人のクラスメイトで、

まず順番を決めて、各自自分が書いてきたエッセイを発表します。

コピーはエッセイをクラスメイトに配るためで、

先生はもともとの教材を使いつつ、私たちにフィードバックをくれます。

読み上げた後、先生がひとつひとつの文章を読みながら、

文法的ミスや文脈的な単語の間違いがおかしければ

ふさわしい単語を選んで教えてくれます

その過程で、文では表現できなかったことも

質問すれば答えてくれます。

このようにして、クラスメイトの全員がフィードバックをもらい、

お互いのエッセイについて質問する討論の時間を設けます。

この時にはもともと気になっていたことや理解ができなかったことについてまた質問し、

英語で話し合う自由な時間です。

このようにして、ひとつのユニットが終わり、

次のユニットは前のユニットと関連性があるのでこのように復習しながら

4日目になる日にはふたつのエッセイをひとつのエッセイで合わせて書くようになります。

この時、単純につなげるのではなく、

きちんと話が通るようにふたつのエッセイを書き直すので、

思いもしないような方向に書くこともあります

たとえば、初日「thing I love」というテーマでエッセイを書いて、

3日目には、「Pet Peeves」という文を書き、

4日目には、「Like and Dislike」というだんだん深いテーマで書いていきます

すべての科目の宿題には、5個の単語が出て、

それにあたる意味を英語で書き、英作文も書き、例文も書かなきゃいけないのに…

ライティングの宿題は毎日ではないので負担にはなりません。

エッセイを書いていけば、以前のユニットとは違うユニットが出るようになります。

このように4日間の過程が復習の連続です。

最初は文法を英語で説明されるので、理解が難しく

時間が過ぎるのも遅く感じていましたが、

3週を過ぎると、授業についていくのに問題がなくなっていました。

1時間が2時間に比べて早く過ぎていくような感覚です。

#フィリピン留学 #MONOL #Monol #モノル #モノール #フィリピン留学 安い #バギオ #マンツーマン授業 #英語留学 #フィリピン ゴルフ #海外留学 #フィリピン旅行 #フィリピン ボランティア #フィリピン ヨガ #フィリピン 観光スポット #英語学習 #フィリピン #スパルタ #セミスパルタ #平日外出可能 #英会話 #フィリピン バギオ #IELTS #IELTS スピーキング #TOEIC #TOEIC スピーキング #ビジネス #ビジネス英会話 #フィリピン 英語学校 #フィリピン 英会話 #フィリピン 英語学校 おすすめ #6人部屋 #フィリピン 留学 #4人部屋 #3+1部屋 #3人部屋 #2人部屋 #1人部屋 #格安 フィリピン留学 #Baguio #EOP #Wi-Fi #日本人向け #施設 綺麗 #復習 #ESL #日本人スタッフ #日本人少ない #多国籍 #ご飯 食事 美味しい #フィリピン留学 おすすめ #フィリピン 老舗 学校 #体験談 #先生 優秀 #女性 人気 #施設 重視 #費用