【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Syeri】フィリピン留学のそれが知りたい-Listening

今日からESLについてお伝えしようかと思うのですが、

詳しくお伝えしたいので、科目別にご紹介したいと思います。

記念すべき最初の科目は、Listening授業です。

リスニングの授業は、先生と生徒だけのマンツーマン授業です。

各自のスケジュールによって、時間は異なりますが、

全員1日に2時間受講します。

教材は、先生と一緒におこなうStudents bookと宿題をするWork bookの2冊です。

授業1コマはすべて50分です。

授業が始まると、今日の気分はどんな感じ?昨日はなにした?等

先生と簡単に話をしながらアイスブレイクです。

リスニングの授業なので、音声ファイルを聴きながら、

質問に答えたり、内容を要約したり、

単語の整理をしたり、発音を習ったりします。

口で要約すると、先生がそれを書いてくれて、

要約が終わると、文法の間違いを確認し直します。

そして、空欄を埋める問題は10個ずつです。

再度、ファイルを聴きながら埋めます。

そして、声に出して読みながら、発音を直したり、

理解ができない部分を理解できるまで学ぶ時間があります。

最後に、その内容を新しい単語を使って要約します。

聴く回数はまちまちですが、私は大体、

最初に2回聴いて空欄を埋めて、

2回さらに聴いて、内容の理解が難しい日には

最大で6回聴いたこともありました。

このようにしているとすぐに50分経ち、10分間の休憩時間となります。

時々、時間が足りなくて、新しい文章を書く課題は次の2時間目になったりします。

休憩時間が終わって、2時間目が始まりますが、

前の時間と似ているようで少し違います。

リスニングファイルを聴いて、内容を理解し、単語を整理することは同じですが、

関連する問題が多く、さらに詳しくなります。

口頭での要約はせず、新しい単語を使って書く問題は1時間目と一緒です。

ファイルを聴きながら問題を解いて、内容を理解しながら、

内容になじみが無くて理解が難しい場合は、

最大限聴けたものを先生と話し合い、内容を追加しながら理解していきます。

内容を簡単に言って、質問には何の内容か答える問題があって、

単語を変えて、新しい文で内容を書いて…

そういったことを繰り返すので、

同じ単語を使わないようにすると、語彙がどんどんなくなって辛くなってきます(笑)

口頭で要約するのも新しくものを書くのも、

その中でひとつだけでもいいのですが、

この過程が、MONOLが追い求める反復学習/復習だから最善を尽くします。

こうして授業が終わり、他の授業に向かいます。

1日の授業が終われば、宿題をしなければなりません。

リスニングの宿題が無い日は1日もありません。

宿題は、Work bookのリスニングファイルを聴きながら問題を解きます。

問題を解くために、私は5回聴きました。

そして、関連する単語も書いてあり、似た意味の単語を書き、

その単語を使って例文を作らなければなりません。

そして、書いた後は、2時間目に書いた文章の中で

間違えた文章を再度直します。

最後に単語を使って例文をつくり、

先生に確認をしてもらうようにしています。

リスニングの授業はこのように構成され、

リスニングの重要性を毎日ひしひしと感じています。

#フィリピン留学 #MONOL #Monol #モノル #モノール #フィリピン留学 安い #バギオ #マンツーマン授業 #英語留学 #フィリピン ゴルフ #海外留学 #フィリピン旅行 #フィリピン ボランティア #フィリピン ヨガ #フィリピン 観光スポット #英語学習 #フィリピン #スパルタ #セミスパルタ #平日外出可能 #英会話 #フィリピン バギオ #IELTS #IELTS スピーキング #TOEIC #TOEIC スピーキング #ビジネス #ビジネス英会話 #フィリピン 英語学校 #フィリピン 英会話 #フィリピン 英語学校 おすすめ #6人部屋 #フィリピン 留学 #4人部屋 #3+1部屋 #3人部屋 #2人部屋 #1人部屋 #格安 フィリピン留学 #Baguio #EOP #Wi-Fi #日本人向け #施設 綺麗 #復習 #ESL #日本人スタッフ #日本人少ない #多国籍 #ご飯 食事 美味しい #フィリピン留学 おすすめ #フィリピン 老舗 学校 #体験談 #先生 優秀 #女性 人気 #施設 重視 #費用