フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Yani】アラサー、フィリピン留学に行く!⑧「留学前に絶対すること・留学に絶対持ってくるもの」

こんにちは。

今回の記事では、フィリピン留学に来る前に「日本で絶対にしておくべきこと」と

「フィリピンに絶対持って行くべきもの」についてお知らせいたします。

フィリピンバギオのMonolに来る前に日本で絶対にするべきこと

1.文法テキストを最低2回は見直す

難しい文法解説書を読む必要はありませんが、少なくとも

ひとつの文法書を最低2度読んでみる必要はありそうです。

私も留学する前に、簡単そうな本を選んで3回読みました。

すると、フィリピンに来てからそれがとても役に立ったと感じています。

MONOLには、選択制の無料オプションクラスに文法のクラスがあり、

留学してからももちろんグラマーの勉強はできますが、

英語での解説となるため、やはり基本的な知識がないと理解が難しいかもしれません。

日本で基本的な文法を終わらせてから留学した方が、

授業の内容もすんなり理解でき、成長も早いと思います。

2.単語学習

おそらく、家に単語帳の1冊や2冊はあると思います。

フィリピンで英語の勉強を一生懸命すると決めたなら、

来る前に単語帳1冊くらいはすべて覚えてきましょう!

フィリピンに来てまで、文法やら単語やらを覚えることは、本当に時間の無駄です。

フィリピン留学とは、頭の中にある知識や考えを、口に出す、

Speaking・インプットをしにくるのです。

日本では、英語を9時間以上話す環境をつくるのは難しいですが、

学校では正規授業の7時間は英語で話さなければなりませんし、

特にMONOLの3+1の寮タイプは、先生と一緒に生活するので、

24時間英語漬けの生活となります。

スピーキングを通じて、発音矯正、正しい表現を整えることができるのです。

私はフィリピン留学に来る前に会社を辞めたので、時間は多かったので、

英語辞典の単語に色を塗って、5回くらいずつ書きながら、

特に覚えるというわけではなく、

単語に慣れるのが目標で本当にただそのまま辞書を読んでは書くことだけしてました。

フィリピン留学に来る前に、日本から絶対に持っていくべきもの

1.電子辞書またはスマホアプリ

電子辞書があれば持って来て、なければ

オフライン時でも使える英語アプリスマホひとつダウンロードしておくと良いです。

無料アプリももちろん大丈夫ですが、確実に有料アプリが良いです。

授業時間中も分からない単語を探すときに便利なので、オフラインアプリをダウンロードしましょう!

寮のお部屋では、Wi-Fiが利用できるのですが、

教室階では一切使えません。

2.海外ドラマ&洋画

時々勉強にならない時は、良心の呵責にならないよう、

海外ドラマや洋画をみるのが良いようです。

学校の中でもWi-Fi経由でダウンロードできますが、

日本に比べるとやはり時間がかかりますし、

他の学生の迷惑にもなります。

日本からアメリカドラマや洋画をあらかじめダウンロードしておくと良いです。

もちろん、英語字幕でね!

3.スウェット、長袖パジャマ、長ズボン、上着

本当にフィリピンのバギオの天気には驚くでしょう。

バギオは寒いから長袖を持っていかないといけないとは聞いていましたが

いくら寒いといってもフィリピンだし…と思ってました。

荷造りしながら、重いからと持ってこなかった、

ニットや長袖カーディガン、ライダースに後悔しています。

確かに日中に歩き回るとポカポカしていますが、

室内は本当に寒いです。

日本でも夏に山に登れば涼しいように、フィリピンバギオは1,500mの高山地帯のため、

空気が涼しいのです。

また、今は18時に日が暮れて、その後は完全に「寒い」です。

寝るときにはもっと寒いです。

もちろん毛布と掛布団はありますが、暖房はないので、

長袖を着て寝ましょう。

半袖半ズボンは風邪をひきます。

天気が涼しいので、勉強するにはむしろセブやマニラより全然いいのですが、

マニラやセブのような気候を想像して、夏服をもってくるのはNo,No

4.ノートパソコン

MONOLではリスニングの宿題をノートパソコンを使って進めていきます。

iPhoneでもいいですが、同期してしまうと留学中は中身がなくなってしまうので、

ラップトップを持ってきましょう。

個人的なTip

ワンデイコンタクトレンズ/衛生用品

フィリピンも人が住んでいるところなので、週末にシティに行けばすべてのものがそろいます。

価格も日本と同様もしくは安いです。

それほど高くはないので、日本からあれこれと持ってくる必要はありません。

ただ、私はコンタクトなのですが、

バギオ最大のSMモールに行ってもワンデイは売ってなく、

日本からおもちください。

当然、使い捨てコンタクトレンズも売っていません。

そして、女性は生理用品をお持ちください。

やはり、日本の生理用品のクオリティは高いです。

こちらではソフィーも売っていますが、

日本のものと同じかといわれると疑問です。

敏感な方は特にお持ちください。

それでは、「アラサー、フィリピン留学に行く!」でした!

フィリピン留学の学校選びに役立つと嬉しいです。

#MONOL #Monol #モノル #モノール #フィリピン留学 #バギオ #マンツーマン授業 #英語留学 #フィリピン ゴルフ #海外留学 #フィリピン旅行 #フィリピン ボランティア #フィリピン ヨガ #フィリピン 観光スポット #英語学習 #フィリピン #スパルタ #セミスパルタ #平日外出可能 #英会話 #フィリピン バギオ #IELTS #IELTS スピーキング #TOEIC #TOEIC スピーキング #ビジネス #ビジネス英会話 #フィリピン 英語学校 #フィリピン 英会話 #フィリピン 英語学校 おすすめ #6人部屋 #フィリピン 留学 #4人部屋 #3+1部屋 #3人部屋 #2人部屋 #1人部屋 #格安 フィリピン留学 #Baguio #EOP #Wi-Fi #日本人向け #施設 綺麗 #復習 #ESL #日本人スタッフ #日本人少ない #多国籍 #ご飯 美味しい #フィリピン留学 おすすめ #フィリピン 老舗 学校 #体験談 #先生 優秀 #女性 人気 #施設 重視 #安い