フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Yani】アラサー、フィリピン留学に行く!⑦「MONOLのペナルティ制度とピザパーティー」

こんにちは。

今回の記事では、MONOLのペナルティ制度とピザパーティーについてお伝えしようかと思います。

いずれにせよ、学校には勉強しに来たわけで、

その学習雰囲気を形成するためにペナルティ制度があります。

違反者はセルフスタディ(週末義務自習)のペナルティを受けます。

万が一、卒業時点でペナルティが残っている場合、

罰金で1時間50ペソを払わないといけません。

それらを通じて集められた罰金は、

学期が始まる月曜日の夜21時にピザパーティーに使われます。

ペナルティは大きく3種類に分けられます。

授業、外出、母国語使用に関連するペナルティがあります。

1.授業関連ペナルティ

遅刻・欠席などで、

15分以内は遅刻、それ以上は欠席扱いとなり、

遅刻3回で1回の欠席となります。

正規授業以外にも、オプション授業(ナイトクラス)も

遅刻・欠席は同様のペナルティとなります。

2.外出関連ペナルティ

土曜日を除いた曜日は21時までに学校に戻らなければなりません。

土曜日は深夜0時までです。

外出は正規授業が終わった17時以降から可能となります。

そして、土曜日は深夜0時から明け方5時までガードが正門にて出入りを制限します。

土曜日は外でお酒を飲んで0時を1分でも過ぎると、5時まで…(泣)

本当に絶対に門は開きません。

外出に関するペナルティが最も重いようです。

どうしても、学校外で危ないことにならないように、強く制限しているようです。

3.母国語関連ペナルティ

学校内のすべての場所でOnly Speaking English!!

どのフロアで母国語を使用したかによって、ペナルティの時間が変わります。

私も食堂で本当に小さな声で喋っていたのですが、やっぱりもらいました…ペナルティ…。

ただ幸い、食堂は2時間の週末義務自習ペナルティなので、

すぐに消化して、外出できました。

そのほかにも、他人の部屋への進入禁止(同性異性関係なく)、

平日及び校内飲酒禁止、ペナルティ消化の義務自習時にもチェッカーが巡回し、

きちんと勉強しているか見守ります。

お話したように、ルール違反で受けたペナルティは、

セルフスタディをすることで卒業までに消化しなければなりません。

ペナルティによっては、週末に外出ができなくなるほど重いものもあります。

卒業までに消化できなかったペナルティは罰金となり、

1時間あたり50ペソのお支払となります。

その集められた罰金は、学期が始まる月曜日の夜21時、ピザパーティーに使われます!!

いただきま~~~す

フィリピンで1番有名なデリバリーピザブランドのYellow Cab

ピザ1枚がとっても大きいんです~

コストコのピザくらい大きいです。

一切れだけかと思ったらふた切れもくれるんですね~

夜ご飯は少しだけにしないと…;;

でも、久しぶりにピザを食べたらおいしかったです~

以上、アラサー、フィリピン留学に行く!⑦「MONOLのペナルティ制度とピザパーティー」でした。

#フィリピン留学 #バギオ #マンツーマン授業 #英語留学 #フィリピン ゴルフ #海外留学 #フィリピン旅行 #フィリピン ボランティア #フィリピン ヨガ #フィリピン 観光スポット #英語学習 #フィリピン #スパルタ #セミスパルタ #平日外出可能 #英会話 #フィリピン バギオ #IELTS #IELTS スピーキング #TOEIC #TOEIC スピーキング #ビジネス #ビジネス英会話 #フィリピン英語学校 #フィリピン 英会話 #フィリピン 英語学校 おすすめ #MONOL #モノル #Monol #モノール #6人部屋 #フィリピン 留学 #4人部屋 #3+1部屋 #3人部屋 #2人部屋 #1人部屋 #格安 フィリピン留学 #Baguio #EOP #Wi-Fi #日本人向け #施設綺麗 #復習 #ESL #日本人スタッフ在籍 #日本人少ない #多国籍 #ご飯美味しい #フィリピン留学 おすすめ #フィリピン 老舗 学校 #体験談 #先生 優秀 #女性人気