【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

【Yani】アラサー、フィリピン留学に行く!④「MONOLの初日-ピックアップ&シティツアー」

こんにちは。

今日はMONOLの初日のスケジュールについてお伝えします。

マニラ空港に到着すると、MONOLのスタッフが待っています。

マニラの現地時間で、20時から深夜1時までに集まり、団体でバス移動をするため、

日本からは夕方の飛行機に乗ると、マニラ空港で時間を潰さずに済みます。

マニラに夜23時から深夜0時の間に到着する飛行機が最も良さそうです。

バスで5時間程度かかり、日曜日の朝6時くらいに学校に着きます。

学校に到着してすぐ寮の部屋割りを受け、鍵のついたIDカードをもらいます。

荷物は学校のスタッフが部屋まで運んでくれます。

朝6時から午後13時までは自由時間!

荷解きしたり、仮眠をとったり、ご飯を食べたり、したいことをしてください。

ここでポイント!

IDカードに食事の時間が書いてあるのですが、

口頭では説明されないため、自分で確認して食事に行きます。

まだ友達がいなくて、心寂しいですがご心配なく。

午後13時から学校の先生ひとりと学生5、6名でチームを組んで

シティツアーをするため、すぐに友達ができます。

1.ジプニーに乗って、SMモールシティツアー

お昼を食べると初日のハイライト!バギオシティツアーの時間!!

英語ができなくてもご心配なく。

フィリピン人の先生1名と学生5、6名がひとつのチームになって動くので大丈夫です。

フィリピンの交通手段のジプニーに乗って15分程度、

SMモールという複合ショッピングモールに到着します。

SMモールでは大体、両替、撮影スタジオ、大型スーパーに寄って、

夜ご飯を食べ、学校に戻ります。

2.両替

日本からはできればドルをお持ちください。ペソは必要ありません。

Only Dollars!!

ドルをペソに変える手数料を考えても、有利で、

また、別の理由でフィリピンのATMは、

お金が引き出せない、カードが吸い込まれた等のアクシデントで

お金を得られない学生もたびたびいます。

週末に両替をするため、平日にまた出てカードを取りに行くという面倒にもなりかねます。

私は幸いにもドルを持って来ていました。

3.撮影スタジオ

SSP(特別就学許可)発給の申請には、証明写真(5×5㎝)2枚が必要です(フィリピン政府規格)

日本から、該当するサイズの写真があればお持ちいただき、なければ現地で撮ってください。

80ペソ、日本円で240円ほどで撮れます

駅の証明写真機で撮っても600円はするし、日本には5×5㎝の規格がないので

フィリピンで撮るのが賢いでしょう。

4.その他日用品

①トイレットペーパー

学校ではトイレットペーパーは提供されないため、絶対に買います。

フィリピンではほとんどのトイレにトイレットペーパーはありません。

デパートや高級なバーともなると置いてあるみたいです。

普通のトイレットペーパーと、かばんに入れておく携帯用の2種類が必要です。

②除湿剤

バギオは5月から11月が雨期で雨が降り続きます。

部屋には除湿機が設置されていますが、クローゼットには別に除湿剤ひとつ置いておくのが良いでしょう。

英語でDehumidifierといいます。

115ペソ(350円程度)で小さいものが3つ入っているものを買いました。

③スリッパ

室内履きで別に履けたらと思いひとつ買いました。

119ペソ(350円程度)。

④柔軟剤

MONOLには洗濯サービスがあるのですが、

柔軟剤を個人で別に洗濯物と一緒に預けます。

洗濯時に香りつきの柔軟剤が必要な方だけ買われるといいです。

フィリピンではこのように1回ずつの小分けパックが売られており、

私はそれをかいました。

16回分158ペソ(480円程度)でした。

TIP

カップ麺、お菓子、化粧品、文具、服など、SMモールに行けばほとんどのものが揃います。

ここも人が生活する場所なので、必要なものはなんでも売っています。

生活必需品はそれだけで重く、持ってこなくても大丈夫です。

バギオSMモールや安い市場で買えばいいからです。

私はまだ2週しか生活していませんが、

週末のたびにナイトマーケットやpublic marketに行って、生活必需品をたくさん買いました。

ただ、絶対に日本から持ってきたいものは、

・薄い英語の文法書(英語で英語の文法を説明されても分からないため)

・電子辞書またはオフライン英語辞書アプリ

・バギオの天気は想像以上に寒いため、フード付きの上着、カーディガンなどの秋服は必須!

5.夜ご飯

5時頃、フィリピンのレストランで夜ご飯を食べました。

初日のシティツアーで夜ご飯を外食するとフィリピンに来た実感がわきますね。

バーベキューチキンとご飯のセットなんですが、

日本で食べているものと同じくらい美味しく(特にチキンオイルと醤油のミックス)、

小さな唐辛子もあるのですが、これが本当に辛いのでつけるのはおすすめしません。

ショッピングが終わり、学校には20時ごろに戻ってきました。

学校には21時までに戻らなければなりません。

門限があります。

次の日が授業の日は夜21時まで(日曜祝日)

授業ではない日は深夜0時までに戻ります。(土曜)

セキュリティガードが学校の入口に立っており、

時間を過ぎるとペナルティをもらいます。

2日目にはレベルテストとオリエンテーションが待っています。

以上で、アラサー、フィリピン留学に行く!④「MONOLの初日-ピックアップ&シティツアー」でした。

フィリピン留学の学校選びのお助けになれれば光栄です。