フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Yani】アラサー、フィリピン留学に行く!②「MONOLの3人部屋」

こんにちは。

まず学校に到着して、最初の出会いは「お部屋」ですよね。

モノル語学院のお部屋をご紹介したいと思います。

MONOLには、2、3、4、3+1部屋があります。

2、3、4人部屋は分かるが、「3+1部屋とはなんぞや?」だと思います。

3+1部屋は、学生3名と先生1名が共同生活をするので、

24時間英語を使うことが可能なお部屋です。

もちろん授業時間内で聞けなかった質問もできます。

すべてのお部屋が同じ大きさで、全室バストイレ別となっています。

私は3人部屋を選んだのですが、その理由は、

4人でトイレやシャワーを共同で使うとなれば、時間がかかりそうで面倒なので

4人部屋は避け、

また、お部屋では寝るだけ、シャワーを浴びるだけなので

あえて2人部屋にはしませんでした。

ご自身に最も合うお部屋のタイプを選ばれるといいかと思います。

いずれにせよ、私は3人部屋を選んだので、

ここからは、3人部屋に集中してご紹介します。

1.部屋の入口

廊下から部屋に入ると両サイドにトイレとシャワールームが別にあります。

バストイレ別なので、人数が多くても快適に利用できますね。

ドアにかかっているのは、スリッパやスニーカーを整理できるシューズケースです。

2.トイレ兼洗面所

玄関の右側にはトイレと洗面台があります。

3.シャワールーム

左側にはシャワールームがあり、電気湯沸し器をつければお湯も出ます。

水圧も大丈夫なようです。

4.冷蔵庫、除湿機

部屋のドアを開けると、正面に冷蔵庫と除湿機があります。

フィリピンは雨期が6か月ほどと長く、絶対に除湿機をつけなければなりません

除湿機をつけないと、ベッドどころか

持ってきた服まで湿っぽくなって、カビがはえることもあります。

除湿機の容量は2リットルのようですが、

1日で2リットルが満杯になって、毎日毎日水を出して空にするほどです。

聞いた話によると、他の学校では何部屋、もしくは学校で除湿機を使いまわしているようですが、

モノルは全室完備されているので快適です。

電気代を気にされる方もいるかもしれませんが、

24時間ずっとつけていてもさほど変わりません。

5.机、クローゼット

部屋の両サイドには机とベッドがあります。

机にはクローゼットが設置されており、読書をする時など空間を仕切る機能があります。

クローゼットはご覧のように大きく、ベッドの間にも収納スペースがあります。

持ってきた荷物を十分に収納することが可能です。

ここでは、学生本人の部屋以外の部屋への立ち入りが禁止なのですが、

それでもひとりで使う部屋ではないため、

クローゼットごとに南京錠をかけることができるようになっています。(鍵はご自身で用意してください。)

机を細かく見ると、

個別のスタンドが内蔵されています。

そして、正面にはコンセントがあり、日本で使っていたものをそのままご利用いただけます。

勉強できるよう、細かい気配りが感じられますね。

6.ベッド

ベッドを見ると、ベッドの間に鏡と収納スペースが十分にあります。

南京錠をかけられる収納と、コンセントがやはりあります。

ベッドシーツの交換は2週に1回可能なので、家よりも清潔です。

私の主観的な部屋の総合評価は、星4つ!です。

机やベッド、収納空間等、本当に期待以上で素晴らしいです。

日本と比較しても良いです。

ただ、星ひとつ足りないのは、少し洗面台が小さいことと

トイレやシャワールームが民宿のような印象を受けるためです。

日本のトイレは世界的に見てもかなり高いクオリティですし、

ここはフィリピンなので比べてはいけません。

大学生の1人暮らしよりはマシです。

遠い昔なので曖昧な記憶ですが…。

MONOLは、快適な環境で英語に集中ができるよう、

掃除・洗濯・ベッド交換等のサービスがシステム化され、

構築されているので便利です。

同じくフィリピンの他の地域にいる弟に写真を見せると、

彼がいる学校よりも間違いなく良いそうです。

どこだか気になりますよね(笑)

以上、「アラサー、フィリピン留学に行く!②MONOLの3人部屋」でした。

フィリピン留学、学校選びの参考になると幸いです。