フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

【Yani】アラサー、フィリピン留学に行く!①学校選び

こんにちは。

少し自己紹介をすると、

30歳女性、

もともとフィリピンに来る前は、OL生活を6年程していました。

英語の必要性は感じていましたが、

いざ通勤しながら、こつこつ勉強することは容易ではありませんでした。

いずれにせよ、「もっと年を取る前にきちんと英語の勉強をしてみよう」と

心に決めて、辞表を提出しました。

そして、どうしても年を取ると慎重に学校を選ぶようになります。

私の学校選びの基準は3つありました。

ひとつめは、きちんと勉強をさせてくれる良いカリキュラムと講師陣

ふたつめは、清潔な施設と安全性

最後は、周りの環境(娯楽施設がない、天候等…)

私は、これらの基準に1番合ったモノール語学院を選びました。

今日は簡単に私が選んだ理由についてのご説明と、

これからだんだんと私が選んだモノール語学院での体験を詳しくお伝えします。

1.きちんと勉強をさせてくれる良いカリキュラムと講師陣

韓国でさまざまな代理店に相談をしたのですが、

モノール語学院がフィリピン留学自体が始まった頃にできた学校なので、

長年の経験と、独自で開発した教材と指導法で授業が行われていて、

授業の質が全体的に高いと聞きました。

先生ごとに偏りがあると、同じお金を払っているのに気分が悪くなることもあるからです。

また、スパルタ学校なので、スケジュールは詰まっています。

いずれにせよ勉強しに選んだ学校なので乗り越えられるでしょう。

あ~!学校内で母国語を話すとペナルティが適用になり、

義務自習の時間が追加されます。(卒業間近は罰金)

当然授業も英語で行われます。

フィリピン人の先生方は日本語ができないので英語で1日中~

2.清潔な施設と安全性

フィリピンで勉強するというと、周りから危険だとたくさん言われますよね。

バギオはフィリピンで犯罪率が最も低く、治安が良いと聞きます。

モノール語学院はバギオにあり、

学校の門には専属警備員が常駐し、関係者以外は入ることができず、

安全に勉強をすることが可能です。

最近リノベーションした綺麗な施設とともに、

アクティビティ(ゴルフ、ヨガ、ジム)を無料で利用できます。

他の学校は利用するのにお金が別にかかるところが多いんです。

勉強して疲れた時、気分転換にアクティビティが役立つようです。

(学校入口の警備室)

(3人部屋)

3.周辺環境(娯楽施設がない、天候等…)

弟が私より2か月先にフィリピンのイロイロにある学校で勉強しています。

先に旅立った弟からのアドバイスによると、

勉強目的なら、娯楽施設や遊ぶ場所が多いセブは避けなさいとのこと。

また、イロイロやセブは日本の夏よりずっとじめじめして暑くて

サウナにいるようで、全然休めないそうです。

エアコンをつけなければならないのに、設置していない施設もあって

扇風機があることにはあるが、フィリピンは台風が頻繁にあり、

もともとの施設も弱く、停電も多いと言います。

ここバギオは8月ですが、涼しくて勉強するにはもってこいの天気ですよ~

涼しくて、長袖やカーディガンを着なければならないほどです。

寒いのが苦手な方は、厚手の服をたくさん持って来てください。

フィリピンは、電気代がアジアで2番目に高いと言いますが、

涼しい天候のおかげで電気代を節約することができます。

(学校からの風景)

次の記事では、体験談で詳しくご説明差し上げますね。