【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

癒しスポット、バギオベンキャブ美術館 Ben Cab Museum

「授業中心・スパルタ」

こんにちは。

バギオモノール語学院です。

バギオ地域は様々な文化とその施設があるのに、

アピール不足か、認知が低いような気がします。

今日は、アシンロードにあるベンキャブミュージアムのご紹介です。

タクシーかジプニーで行けます。

タクシーならモノルから100ペソ程度。

ほとんどの美術館・博物館が月曜日お休みで、

開館が9時閉館が18時となっています。

入場料は大人が100ペソ子供が80ペソです。

2014年トリップアドバイザーから選ばれてるみたいですね。

建物に入り、最初に見える作品は、

美術家で所有者のBen Cabの代表作です。

フルネームはBenedicto Reyes Cabrera

Ben Cabをペンネームとして作品活動、美術館所有しています。

フィリピンの各部族の民族衣装や装飾を飾っています。

部族によってこんなに違うんですね。

バギオが属するベンケット

民俗村のよう。

ベンキャブは作品だけでなく、

後輩の育成のために、展示施設を貸したり、

個展の開催も進行します。

作家の頭の中の世界に興味津々。

ここに座って会話するのはちょっと気まずい。

美術館には池があり、庭園もあります。

ご飯を食べれるレストランもあります。

今週末、半日使って癒しの旅に出かけてみては?^^