【公式】MONOLブログ(バギオ)|フィリピン政府観光省推薦校

2016年度バギオ地域日本人受入実績No.1!選ばれる理由は究極のコストパフォーマンス。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL公式ブログ

フィリピン入国申告書作成

日本はお盆期間に突入ですね。

連日出国や混雑した新幹線のニュースをみます。

下手すると飛行機とれないかもって考えたり。。

待ちに待ったお休み。

空港には早めに到着しましょう。

忙しい日本のサラリーマンにとっては、それでも長期休暇は取りづらいですよね。

多くは、国内や近場の東南アジア諸国にバカンスにいったり。。

せっかくフィリピンに住んでいるので、

フィリピンをバカンスに選択された方にご案内したいなーと思います。

今回挙げる入国申告書もネットで検索すれば、

たくさん書き方が載っていると思いますが、

1か月前に韓国人マネージャーが一時帰国した際の最新のものなので

おそらく同じ紙をもらうかと思います。

初めて海外旅行した時、申告書をもらいあたふたしたのを思い出します。

分からないのに誰にも聞かなかった若い私でした。。

空港に到着したら、航空会社のカウンターへ行って、

搭乗券を発券し、荷物を預けた後、入国審査に向かいます。

並ぶのは嫌ですね。。

時間短縮のために、あらかじめ自動入出国審査登録をしておくと早いですよ~

(韓国人マネージャーのものです。。)

空港に来たら免税店もみなきゃですしね~

(写真は韓国仁川空港です)

飛行機の離陸の準備の間、

客室乗務員が安全対策を説明します。

良い(?)飛行機は乗務員が直接しないで、席のスクリーンに流れたりもします。

この後、飛行機が安定した軌道になると、

機内食および入国申告書・税関申告書の記入となります。

(韓国語ですみません。)

フィリピンの入国申告書です。

Last name は最後の名前ではなく、苗字です。

Last Name, Surname, Family Nameはすべて苗字!

First nameは下の名前

Middle nameはある人だけ書きましょう。ない場合は空白。

Passportはパスポートの番号

Flight/Voyage nmuberは航空便名

Country of First Departure 出発国

Country of residence 本籍のある国

Occupationは職業

Signatureはサイン

Purposeはvacationを選びましょう。

これは税関申告書です。

入国申告書と同様、

Sexは性別

Birthday は月、日、年の順に記入

Citizenship 国籍

Date and Place of issue パスポート発券日と発券国

Addressはフィリピンの滞在地と日本の住所をそれぞれ書き、

Airport of originは出発した空港

Date of arrivalはフィリピン到着日

Touristを選び、

あとは無条件でNOにチェック!

免税品は限度が3000ドルです。

韓国人マネージャーの例です。

職業欄は細かいことを気にせず、

student, office worker, business man/woman の中から書きましょう。

どんな仕事かは聞いてこないです。

これは去年か今年からか追加されたのですが、

エボラ出血熱の影響ですね。。

Personal Dataは税関申告書の例をそのまま書きます。

トラベルヒストリーもありのまま記入しますが、

普通リベリアやギニア、シエラレオネには行ってないでしょうから、

行った方々だけ該当事項にチェックをして

シエラレオネがわからない方は、そのまま空欄で大丈夫です。

そして忘れちゃいけない搭乗券!

搭乗ゲート、航空便名、座席番号、到着日などすべて出ています。

簡単!

楽しくて安全な旅を!