フィリピン留学はバギオがおすすめ MONOL公式ブログ

2016年度バギオ地域日本人学生受入実績NO.1!人気急上昇には選ばれる理由があります。フィリピンの教育都市バギオで口コミから広がった老舗格安校MONOL

水が違うモノール

“授業中心 スパルタ”

こんにちは。バギオのモノールです。

皆さん、海外に旅行される場合、何を心配されますか?

気候、文化、言葉、物価などですが、まず何よりも心配されるのは、

“水が合わない”ではないでしょうか?

皆様、本当に心配されるかと思います。

水にあたると言いましょうか。

ひどい場合、お腹を壊される場合もありますね。

特に初めて行かれる国では、かなり高い確率で、

そのような望まない経験をされるのではないでしょうか?

フィリピンへの訪問では皆様、決まって腹痛止めを持って来られるかと思います。

そういった心配を一気になくすモノールのみの解決策、

ウォーター リフィル ステーション(浄化水装置)です。

水の質が違うモノール!

バギオには、信頼のおける飲み水を提供する店も多いのですが、

実際にこの目で見て確認しないと、使っているフィルターはいつ交換されたかなどの不安がつきまとい、

管理に関する証明をもらうだけでは、不十分でした。

そのため、モノールでは、独自の浄化施設とともに、直接、飲料水などの管理をしています。

定期的にフィルターの交換と管理、清掃をしており、

フィリピンの政府機関であるDOHを通じて、水質の管理を受けております。

各段階の浄化システムを経て、学生の皆さんへ飲料水を供給します。

厨房の流し台です。

水道管の色が違うことにお気づきでしょうか?

青いパイプで繋がっている蛇口からは、再度フィルタリングを行った、ステーションから直接の浄化水なのです。

これはどうしてか、食材を洗う際に浄化された水を用い、調理するからです。

モノールでは、これほど敏感に健康の管理をしております。

OPEN TO EVERYONE!

当校の厨房では、調理前の準備から、調理の過程、食べ残しの処理まで含め、

学生の皆様にご覧いただけるシステムを運営しております。

最後にもうひとつポイント!

厨房の清潔な維持・管理のため、厨房設備を全てステンレスで設計し、美しく仕上げております。

是非、皆様、モノールで安心して飲食をなさって下さい。